ストレスとお口の健康との関係

ストレスが体に良くないということはよく知られていますが、お口の健康も悪化させることがあるのをご存知ですか?

今回はストレスがお口や歯に与える影響、そしてその対策についてご紹介します。

ストレスでお口にどんな影響が現れる?

唾液の分泌が減る
ストレスを感じると、自律神経が興奮した状態となり、唾液が出にくくなります。唾液はお口の健康を守るさまざまな役割を果たしているため、唾液が減少することで色々な不具合が出てきます。

歯ぎしりが起こりやすくなる
ストレスが多いと歯ぎしりが起こりやすくなります。歯ぎしりというのは、眠っている間に無意識に行うものですが、体重以上の力がかかり、歯や周囲の組織に多大なダメージを与えてしまいます。

ストレスで起こるお口の悪影響
ストレスが多い状態では次のような悪影響が起こる可能性があります。

歯科口腔外バキューム 

虫歯や歯周病のリスクが高まる
ストレス過多で唾液が減ると、唾液の自浄作用や免疫作用、抗菌作用などの恩恵が受けられなくなるため口内環境は一気に悪化します。その結果、歯磨きをしているのにもかかわらず、虫歯や歯周病にかかりやすくなるという事態に陥ります。

詰め物・被せ物・差し歯の脱落、歯の破折
ストレスで歯ぎしりなど、歯に強い力がかかりやすくなるため、詰め物や被せ物、差し歯が取れやすくなったりします。また歯が割れてしまうこともあります。

顎関節症を起こしやすくなる
ストレスによる夜間の歯ぎしりに加え、日中にも歯をグッと食いしばることが多くなるため、顎の関節や周囲の筋肉の不調を起こす「顎関節症」を起こしやすくなります。

ストレスによるお口の悪影響への対策
ストレスを感じるとすぐお腹が痛くなったりするように、実はお口への影響というのも意外と出ているものなのです。ですが、ストレスによって歯を失ってしまう、というようなことはできるだけ避けたいものです。

歯科LED高速ハンドピース

根本的な解決法は、ストレスを緩和する方法です。とにかく現代人は毎日忙しく、気持ちをゆったりと落ち着ける時間もなかったりするので、できれば、一日に30分でもリラックスして自分の好きなことをできる環境にすることはとても大事です。それだけでも随分違います。

また、日中の食いしばりを意識して避けること、そして夜間の歯ぎしりへの対策としては歯ぎしり用のマウスピースを装着するのがおすすめです。

これにより、歯へのダメージを緩和し、顎関節症への効果も期待できます。虫歯や歯周病対策には、毎日の歯磨きを丁寧にやるのに加え、数ヶ月に一度、歯科で検診・クリーニングを受けるようにすると良いでしょう。

------------------------------------------------------------

dentaltools.jp歯科移動式口腔外バキューム歯科用タービンハンドピースなどを販売している中国一流のオンラインサプライヤーです。お客様に迅速・効率のあるサービスを提供しております。

かみ合わせの悪くなる原因は?

かみ合わせの悪くなる原因は大きく分けて3つほどあります。

1つめは遺伝によるもので子が親に似た歯並びやかみ合わせになるのはこのためです。歯と顎のバランスがとれていなければ叢生(ガタガタの歯並びで、俗に言う八重歯など)、上下の顎の骨のバランスがとれていない場合や歯の並ぶ角度が悪いばあいは、上顎前突(出っ歯)や下顎前突(受け口)になったりします。

ブラシレスマイクロモーター

2つめは骨の発育障害や指しゃぶりなどの癖によるものです。例えば骨の発育障害が部分的に現れれば顎の変形、指しゃぶりがあると開咬(前歯がかみ合わない)等が起きてきます。

超音波スケーラー

さいごにむし虫歯を治療しないで放置したり、歯を抜いたままにしておくと歯が正常な位置から移動して歯並びやかみ合わせが異常になったりします。

-------------------------------------------------------------

dentaltools.jp歯科用超音波スケーラーマイクロモーターなどを販売している中国一流のオンラインサプライヤーです。お客様に迅速・効率のあるサービスを提供しております。

DMF歯数

DMF歯数とは、う蝕経験を表す指標の一つで、

Decade (未治療の)

Missing (欠損している)

Filling (治療済みの)

の頭文字をとって名付けられています。

その人の歯のうちD・M・Fに属する歯が何本あるかを全て数えた数字がそのままDMF歯数となります。

例えば「虫歯が3本・欠損が0本・治療済みの歯が5本」の人のDMF歯数は「3+0+5=8」なので「8本」です。

歯科用エアースケーラーハンドピース

この数値そのものは「虫歯になった事のある歯を数える」という単純なもので、「だからどうした」という印象を受けるかもしれませんが、実は意外と重要です。

2016年度の厚生労働省の記録では日本の各年齢帯の平均DMF歯数は

7歳・・・0.1本

13歳・・・1.1本

15~24歳・・・3.1本

25~34歳・・・7.4本

35~44歳・・・12.1本

45~54歳・・・14.8本

55~64歳・・・17.1本

65~74歳・・・22.3本

とされています。

このDMF歯数の平均値が重要で、「DMF歯数が平均より多い人」の場合は、虫歯を治すことだけでなく、何故平均より虫歯が多いのかを考え、その原因に対して解決方法を探す事が大切です。

例えるなら、「体重が200kgある人の脂肪を吸引する手術をする」場合、太った原因が食生活や運動習慣なのであれば、そこを改善しないと手術をしてもいずれは元に戻ってしまうことと同じです。

「長距離トラックの仕事をしていて歯を磨くタイミングがとれなくて虫歯になった」のなら、「歯を磨くパーキングエリアを決める」「どうしても磨けないときは虫歯の原因にならないガムを噛んで唾液を出し、一息ついたらちゃんと磨く」「歯医者でクリーニングを受ける頻度を上げる」などなど、その人に合った解決方法を探るのです。

また、単純にDMF歯数が平均より多いかどうかを数えるだけでなく、数値の増え方にも注意が必要です。

例えば、45歳の人が検診を受けた際に要治療の歯が5本見つかった場合について考えます。

ストレートハンドピース

35~44歳の平均DMF歯数・・・12.1本

45~54歳の平均DMF歯数・・・14.8本

14.8-12.1=2.7

であることを考えると、平均的な人であれば35~44歳の間に虫歯が増えたとしても多くて3本以内のはずです。

なのに45歳で新たな虫歯が5本もあるということは、平均的な人と比べて「何かしらの要因で虫歯ができやすかった」と言えます。

それに気付かず「要治療の歯を治しておしまい」では延々と「虫歯ができては治す」を繰り返す事になっていますため、DMF歯数の増え方を確認し、異常を認めた場合は原因を探ることが重要です。

その際、かかりつけの医院であれば、久々の治療であっても以前の記録を元にDMF歯数の変化を確認できます。

「この人は60歳でDMF歯数11本だから平均より良いけど、3年前の記録では5本だった。この年齢で3年間の間に6本も増えているのには何か理由があるはず。歯磨きの頻度は?食生活は変わっていないか?全身疾患はないか?生活リズムは変化してないか?仕事の影響はないか?」

といったように、その人の変化に気付くきっかけも多いです。

---------------------------------------------------------------

dentaltools.jp歯科用ストレートハンドピース歯科用エアースケーラーなどを販売している中国一流のオンラインサプライヤーです。お客様に迅速・効率のあるサービスを提供しております。

開咬

正しい噛み合わせはお口の健康のために大切です。噛み合わせが正しく合っていない不正咬合の一種「開咬」についてご説明します。

「開咬」は12〜20歳の1割に見られるといわれ、珍しくない症状です。上下の前歯が前の方に開くように飛び出て、奥歯を噛み締めても上下の前歯の歯列の間に隙間が出来てしまいます。

歯科ライトメータ

<開咬の原因>

①舌の位置が正しくないと舌が常に前歯を押し出してしまい、その力の影響で歯が開いてしまいます。②指しゃぶりの癖が学童期以降まで長ければ長いほど、上下の前歯を押し広げる悪影響となります。③鼻呼吸ではなく口呼吸をしていると唇の筋肉が弱くなり、口腔内の筋肉のバランスが乱れて、開口になりやすくなります。④唇を舐めたり、唇をかむなどの癖でも開咬になる可能性があります。⑤そもそもの骨格、遺伝が原因と判断されることもあります。

<開咬の治療が必要なわけ>

①本来歯列の全体で噛み合うはずの歯が特定の奥歯でしか噛み合わない状態では、歯自体また顎関節に無理がかかり、傷めることになります。②開咬により舌の位置が正しくなくなる傾向があります。舌が正しく動かないと食べ物を噛んだり飲み込んだりしづらくなります。③開咬で口の中が乾燥した状態になると、唾液が減り口腔内の中和作用が働かなくなるので虫歯に、そして細菌が増殖しやすくなるので歯周病のリスクが高くなってしまいます。④開咬状態では歯が邪魔になって口が閉じにくいので、口呼吸が定着しやすくなります。すると口の中が乾燥して口臭の原因になったり、なによりウィルスの侵入が起きやすく風邪などの病気にかかるリスクが上がります。⑤食べ物の咀嚼がしっかりできないので胃腸に負担がかかったり、前歯に隙間があると空気が抜けやすく、発生に支障をきたしやすくなります。

歯科用ポータブル双眼ルーペ

<開咬の治療・改善方法>

①まずは舌の癖を止めることが大切です。舌の位置が悪いようなら舌癖のトレーニングMFTを受けて唇や口周りの筋機能を高め、癖を改善していきます。②ワイヤーブラケット法など歯列矯正。③マウスピースなど機能的顎矯正装置での治療。④抜歯や外科手術。

「開咬」は見た目や歯の問題だけでなく、癖が絡んでいたり、全身の健康を左右する可能性のある状態です。そして多くの人にみられる、珍しくない不正咬合咬合です。もしかしたら。。と気になることがありましたら、一度、噛み合わせのチェックにいらして下さい。

------------------------------------------------------------------

dentaltools.jp歯科用LEDライトメーター歯科用ヘッドルーペなどを販売している中国一流のオンラインサプライヤーです。お客様に迅速・効率のあるサービスを提供しております。

入れ歯・義歯 「入れ歯になりたくない!」それなら大人の定期健診に

◆「入れ歯になりたくない!」それなら大人の定期健診に

今日は日本人のお口の現状と定期健診の大切さについてお話します。

1.日本人は口腔ケアの意識が低い!

2.噛む力と寿命

3.歯も歳をとる

4.お掃除のプロに教えてもらおう!

歯科技工電解研磨機

 ◆日本人は口腔ケアの意識が低い!

・なんと 日本人は口が臭いと言われています・・・。

『日本人はなぜ臭いと言われるのか』 (光文社) 著者:桐村 里紗

口臭の原因は病気や心理的なものもありますが、清掃不良やむし歯・歯周病が主な原因と言われています。

日本人はなんと成人の8割が歯周病

日本人は口腔ケアの意識が低く、それが口が臭いと言われる原因なのかも・・・。

スウェーデンアメリカは口腔ケアに意欲的で、歯のメンテナンスをするのは当たり前なんです!

見習わなければならないですよね!

◆噛む力と寿命

・大学医療機関が1999年より6700人を対象に、噛む力と健康寿命の関係について調査を行いました。

(全国高齢者における健康状態別余命の推測 特に咀嚼能力の関係について)

その結果、歯で困っている人に比べて快適に食事がとれる人の方が

約3年寿命が長いということが報告されました。

・「食事をとる」ということは 人にとってとても大事なことなんです!

痛い、噛めない、話せない、はずれる・・・。入れ歯!!

やはり、自分の歯よりも噛む力は弱く、 不具合も出やすいです。

「入れ歯になりたくない!」

・それなら 今ある歯を大切に残していきましょう!

しかし、体が歳を重ねるのと同じように歯も歳をとっていきます・・・ 

歯にはどんな影響が出てくるのでしょうか ?

◆歯も歳をとる

1.歯を失う原因となる破折

転倒による外傷

残る歯の数が少なくて噛んだ時に負担がかかったため

加齢によって歯の強度が低下

2.歯周病

加齢による歯肉退縮

骨を作る細胞が減少して歯を支えている骨が減少する

3.唾液の分泌低下

歯科用ホワイトニング装置 

筋力の低下や薬の副作用、糖尿病によって分泌が少なくなってしまう。

唾液はお口の中をキレイにしてくれる大事な存在なので、

少なくなるとお口の中の環境は悪くなってしまうのです。

歳をとると歯にとっての危険はたくさん出てきます。

入れ歯にならないためにも、今の歯を大切にしたいものです。

◆お掃除のプロに歯磨きの仕方を教えてもらう!

・【後悔先に立たず】

あとで歯を失ってもっと大事にしておけばよかったと思わなくていいように。

今はなにも問題がなくても日々のお手入れ(セルフケア) と 歯医者さんのケア(プロケア) 、

ダブルケアで守っていきたいですね!

歯医者さんにはお掃除のプロがいます!

これから大人の歯を守っていくには

何よりも毎日の本人が行う歯みがきが大切!!

正しい方法を学びましょう 

---------------------------------------------------------------------

dentaltools.jp歯科用ホワイトニング照射器ホワイトニング照射器などを販売している中国一流のオンラインサプライヤーです。お客様に迅速・効率のあるサービスを提供しております。

 

噛み合わせの矯正はどのような治療をするの?

噛み合わせの治療は保険適応なんです。

噛み合わせの治療というと保険適応でないと思っておられる患者様が少なくありません。実は噛み合わせの治療で一般的なスプリント療法は保険適応の治療です。

スマートセルフ歯科用ホワイトニング機械

噛み合わせの治療スプリント療法とは

スプリント療法はマウスピースを使った噛み合わせ矯正で上あごか下あごのどちらかに装着し、あごの関節にかかる力の負担を少なくつつ、さらにその負担をそれぞれの葉に均等にかかるようにすることで矯正してきます。
また余談となりますが、昨今ではスポーツ選手なども競技中にマウスピースをつけている人が増えています。これはここぞというときの歯の食いしばりから大切な歯を守るためであり、さらに思いっきり歯を食いしばることにより力を発揮するために利用されています。

噛み合わせ矯正のマウスピースの使い方
マウスピースは自分の口腔環境に合ったものを歯科医院で作ります。基本的にはマウスピースは夜寝ているときに装着するようにしますが、噛み合わせの状況により日中や長時間の使用する場合は歯科医師の指示に従うようにしましょう。

噛み合わせ矯正のマウスピースの保管方法
噛み合わせ矯正治療のために作った自分だけの専用マウスピース。できれば長持ちさせたいものですよね。口の中に入れるものなのでいつも清潔にしておきたいところです。

高圧蒸気滅菌器オートクレーブ

 

ここで洗浄時の注意点です。
マウスピースは必ず水洗いをしてください。間違って高い温度のお湯で洗浄してしまうとせっかく自分専用に作ったマウスピースが変形してしまいかねません。

また使わないときもそのまま放置するのではなくお水につけて保存するようにしましょう。このように保管することで変形を最小におさえ長持ちさせることができます。

まとめ
食いしばりや歯ぎしり、顎関節症はマウスピースを約一ヶ月間就寝時につけるだけでかなり症状は改善されると考えられます。保険が適応されるために歯の矯正治療のように高額にはなりません。

----------------------------------------------------------

dentaltools.jp歯科用ホワイトニング照射器歯科用オートクレーブなどを販売している中国一流のオンラインサプライヤーです。お客様に迅速・効率のあるサービスを提供しております。

7割の人が困っている!顎関節症について

口を開けたときにカクっと音がなる、いつもあご付近が痛い、口を開閉時や硬いものを食べたときに痛みがある、話をしているときや食べているときにあごが疲れる、あくびが思いっきりできない・・・。そんな症状がありませんか?もしかしたら顎関節症かも・・・というお話です。

進行すると結構厄介な顎関節症
顎関節症は一時的に症状が出ることほとんどで、多くの人は時間と共に症状が軽減していきます。また再発してもあごを必要以上に使わなければ自然と治っていきます。しかし、一部が症状が進行してしまい口がほとんど開けることができなくなったり、ひどい場合頭痛や身体のこりが現れることもあるので、もし症状が長く続くようであれば早期に歯科医師にご相談されることをおすすめします。

8Lボータブル式高圧蒸気滅菌器

 

どうして顎関節症になる?
あごには顎関節というあごを動かすための関節が耳の前にあります。額関節には関節円盤がクッションの役割を担っている軟骨部分がありその部分が少なくなるとことでカクカクと音が出るようになります。

軟骨部分が少なくなる原因は様々なのですが、もともとあごの関節が弱かったり、噛みあわせが悪かったりであごに過剰な力がかかりあごを動かす筋肉に異常が出る場がほとんどです。これにより下あごの位置がずれてしまうことで顎関節症が起こります。

他の原因としては奥歯の欠損により物を噛むときあごが後ろにズレてしまいその状態が長く続くことで関節に通常異常に負荷がかかり痛みが出てしまうということもあります。

顎関節症の治療方法は?
顎関節症の一般的な治療方法としてスプリント療法という治療があります。これはスプリントというマウスピースを入れることで顎関節症の症状が少なくなっていくというものです。マウスピースの役割はあごにムダにかかっている負荷を和らげ筋肉をリラックスさせ、睡眠時の歯ぎしりや食いしばりを軽減します。

また日常生活の改善も非常に重要です。以下のようなことに注意することで回復へと向かいます。

歯科口腔外バキューム

硬いものを避け軟らかいものを食べるようにする
歯を食いしばるようなことを避ける
大きな口を開けること避ける
筋肉のマッサージを行う
良い姿勢を保つ
仰向けか横向けに寝るようにする
上記のほかに矯正治療をしたり、歯科医院での開口練習やかみ合わせの調整をしていく過程で回復に向かいます。正しいかみ合わせや歯並びにする事で痛みがなくなることもあります。

奥歯の欠損などにより生じた顎関節症インプラント・義歯・ブリッジで回復に向かうことがあります。

まとめ
顎関節症は多くの人が抱えてる身近な口腔内のトラブルです。ほとんどが日常の生活を改善することで回復へと向かいますが、再発率も高く根本から治療することが理想です。症状によっては薬物治療やレーザー治療など様々な治療法があります。

-----------------------------------------------------------------

dentaltools.jp歯科用口腔外バキューム歯科用オートクレーブなどを販売している中国一流のオンラインサプライヤーです。お客様に迅速・効率のあるサービスを提供しております。