親知らずは抜くべき?

「親知らずが生えてきたけど、抜くべきなのかな?」

「抜かなかったときのリスクがあれば知っておきたい」

大人になると多くの人に生えてくるのが、親知らずです。

特に、40代以降の方や年齢を重ねると今さら抜くべきか悩むことも多いです。

しかし、一方で抜かないとどうなるのか気になる方もいるのではないでしょうか?

そこで今回は、親知らずは放置していても良いかご紹介します。

□親知らずの処理
 
早速、親知らずを放置していても良いかをご紹介します。
結論から言うと、親知らずは必ずしも抜く必要はありません。
では、どのようなときに抜くべきかを見ていきましょう。

*歯茎に炎症があるとき
親知らずが原因で歯茎に炎症が起きている場合は抜くべきです。
これは、親知らずが半分だけ生えている場合によくあります。
歯茎の炎症を放置しておくと、歯周病やほかの歯へ悪影響を及ぼすこともあるので注意しましょう。

*周辺の歯が汚いとき
親知らずの周辺の歯が虫歯や歯周病だという方は抜くべきです。
親知らずの周辺にある歯はなかなか手入れが行き届きません。
そのため、虫歯や歯周病になることがよくあります。
歯全体を健康に保つためにも注意しましょう。

*歯並びを崩すとき
親知らずが原因で歯並びが悪くなることもあります。
このようなときは、すぐに抜いてもらいましょう。
歯並びは第一印象や外見に大きく影響を及ぼします。
歯並びがおかしいと思ったら早めに対策をしましょう。

□放置するリスク
 
最後に、親知らずを放置するとどのようなリスクがあるのかご紹介します。

*虫歯や歯周病になりやすい
先程も少し紹介しましたが、親知らずの周辺にある歯は虫歯や歯周病になることが多いです。
これは、歯磨きが難しいことが主な原因でしょう。
例えば、親知らずが横向きに生えた場合、歯と歯の間や奥の方への歯磨きが難しいです。
こうして、たまった汚れが虫歯や歯周病を引き起こします。

*肩こりや腰痛を起こす
親知らずが原因で肩こりや腰痛を引き起こすこともあります。
これは、歯のかみ合わせが悪くなり、顎や体全体のバランスが崩れることが原因です。
肩こりや腰痛を感じたら、親知らずの治療を検討してみてください。

-----------------------------------------------------------

dentaltools.jp歯科移動式口腔外バキューム超音波洗浄器などを販売している中国一流のオンラインサプライヤーです。お客様に迅速・効率のあるサービスを提供しております。

フラップレスインプラントとは

「フラップレスインプラントとは」
インプラント手術は外科手術なので、腫れや痛みがないか不安な方もいるのではないでしょうか?

手術時は麻酔をするので、術中に痛みを感じることはほとんどないですが、手術時間も短縮できて、手術後の回復も良い『フラップレスインプラント』という治療法があります。

そこで今回はメリットの多いフラップレスインプラントについてご紹介します。

インプラント治療とは?

インプラント治療は歯を失った部分にインプラントを埋め込んで人工歯を被せる治療です。

ブリッジの様に左右の歯を削ることもなく、部分入れ歯の様にばねをかける必要もないので周りの歯に負担をかけることがありません。

また、人工歯も天然歯と変わらない色で変色しない素材を選ぶことができるので見た目も自然な被せ物ができます。

インプラント手術はあごの骨にインプラントを埋め込む外科手術が必要になります。

一般的なインプラント手術の大まか流れは、歯ぐきを切開してからドリルで穴を開けます。

そして、その部分にインプラントを埋め込んで歯ぐきを縫合します。

□従来のインプラントとフラップレスインプラントの違い

従来のインプラントは歯ぐきを切開して行いますが、フラップレスインプラントを用いることで歯肉に数ミリ程度の穴を開けてインプラントを埋め込むことが可能になりました。

ただ、フラップレスインプラントを適応するには骨の状態が重要で、骨の量が十分に豊富で骨の幅がしっかりとあることが条件になります。

フラップレスインプラントのメリット

・メスを使わない・縫わない

歯ぐきを切開する必要がないので、メスを使用しません。

インプラント手術は外科手術なので、手術に対して恐怖心がある方でも、メスを使わず必要最低限の穴を開けるだけでインプラント手術が終わります。そのため、患者さんの不安や恐怖心を大幅に軽減できます。

・出血が少ない

歯ぐきを切開しないので、出血の量を最小限にできて、患者さんの負担を軽くできます。

そのため、歯ぐきの傷口もほとんど分かりにくく、見た目も優れています。

また、手術後の痛みや腫れは切開することに起因することが多いので、フラップレスインプラントではこれらの症状をおさえることができます。

・オペ時間が短い

切開、縫合の時間が必要ないため、手術時間を大幅に短縮できます。

また、インプラント手術の前の治療計画でガイドを作製して埋入位置を決めておくので、歯科医師がその場の判断で行う手術と違い、より精密に短時間に進行することができます。

1本10~15分程度で終わることが多いです。

また、歯ぐきを切開しないので、その分歯ぐきが回復する期間が短くすみ、抜糸の必要もないので、その分通院回数も減らすことができます。

・シュミュレーションで正確で安全に治療できる

歯科医院ではCTで骨の厚みや量を確認して最適な位置のインプラントを埋入するシュミュレーションを行っています。CTシュミレーションを元に3Dプリンターを用いインプラント埋入用のサージカルガイドを作り、精密、安全なインプラント埋入手術を行っております。

フラップレスインプラントは骨の量が十分にある場合にはとてもメリットの多い治療です。

痛みや腫れも最小限に抑えることができるので、インプラント治療に不安や恐怖心がある方にもおすすめの治療法です。

-----------------------------------------------------------

dentaltools.jp歯科移動式口腔外バキューム超音波スケーラーなどを販売している中国一流のオンラインサプライヤーです。お客様に迅速・効率のあるサービスを提供しております。

インプラントが出来ない人はいるの?

【年齢が若すぎる人】

年齢が若すぎる18歳くらいまでの人は、まだ骨が成長して変化するのでインプラント治療を行うことができません。

仮に、骨の成長途中にインプラント治療をした場合、骨の成長に伴ってインプラントが動いてしまうことがあり、お口の中のバランスが崩れてしまいます。

そのため、あごの骨が成長途中の患者様はインプラント治療の適応にならず、骨の成長が終わって18歳以上になってから治療を行うことができます。

【全身疾患のある方】

・糖尿病

 糖尿病は症状によって程度は異なりますが、免疫力が低下する病気です。

 インプラント手術は血糖がコントロールできていないとできない場合がありますが、血糖がコントロールできていれば手術は可能です。

 主治医と連携して確認しましょう。

・高血圧

 高血圧の方は緊張や不安な状態になると、血圧が上がることがあります。

 最高血圧が190を超えると気分が悪くなる場合や息苦しくなってしまうこともあります。

 そのままでは、不安がある方は静脈内鎮静法を用いると、リラックスした状態で治療を受けることができ、麻酔の専門医が血圧も管理しながら行うので安心です。

 また、痛みを取り除く麻酔には血管が収縮する成分の入っているものがあるのでその成分が入っていない麻酔薬を使用します。

 高血圧の方でも安全にインプラント治療を行うことができます。

・心臓病

 心筋梗塞などの疾患を患ったことがある方は血液をさらさらにする薬を服用していることが多くこの薬が出血を止まらなくすることがあります。

 この薬の対処として、以前は薬の服用を1週間程度やめることが多かったのですが、止血の処置をしっかりと行うことで薬を服用しながらでも手術ができるケースもあります。

 インプラントは本数が増えたり骨を増やす治療をする場合には出血が多くなることもあるので、その場合には対応が変わることもあります。

---------------------------------------------------------

dentaltools.jp歯科用エアーモーター歯科用光重合照射器などを販売している中国一流のオンラインサプライヤーです。お客様に迅速・効率のあるサービスを提供しております。

 

歯に詰める金属は安全ですか?

虫歯の治療をしたことのある大半の方の口の中に普通に入っている金属の詰め物。

しかし‥‥  歯の治療に用いられる材料は必ずしも体に無害なわけではありません。

「国が決めた材料で口の中に入れてるんだから、安全でしょ」と思われている方は要注意です。

銀歯の成分は?

現在日本の保険治療において、奥歯の詰め物やかぶせものには保険適応の金属材料が使われています。

いわゆる「銀歯」ですが、これらには12%金銀パラジウム合金が使用されています。

何が含まれているかというと、

・金が12% 

パラジウムが20%

・そして銀が50%くらい 

・銅やその他亜鉛などの金属を少量含みますがこの比率はメーカーにより異なります。

これは日本の保険制度上の合金で日本にしかないものです。

これが「口の中をみて金属が入っていたら日本人」といわれる所以です。

なぜなら、歯の治療に金属を使うのは先進国で日本だけだからです。

うっそ〜? と思われる方がほとんどでしょう。

でもホントです。

欧米などの先進国では金銀パラジウムが体に悪影響を及ぼすため使用を禁止しています。

驚きの事実ですよね!

金属に起きている反応

保険適応の歯科材料で用いられる金属は口の中の過酷な環境に長期間耐えれないものが多く、腐食して溶け出していきます。

中でもパラジウムは金属アレルギー検査でほぼ半数の人に陽性反応が出ると言われており、いま症状がなくても、5年以上経過すると金属アレルギーの症状が出る可能性が徐々に上がってくることもわかっています。

なぜアレルギーが起きるかというと、

金属そのものが原因となるわけではなく、金属から溶け出した金属イオンが体内のたんぱく質と結合した結果、新たなたんぱく質ができます。体がそれを「異物」とみなすことによって、アレルギー反応が生じるわけです。

しかもその異物は口の中だけに留まらず、血流に乗って全身をめぐります。なので、口から離れた部分(手、足、体幹など)に症状が出るのです。

金属アレルギーの症状は

1 掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)手のひら、足のうらに生じる膿を持った小水疱

2 全身の様々な部位の皮膚にアトピー性皮膚炎のような症状

3 口内炎、舌炎、口角炎、唇が腫れる口唇炎などの口腔内症状

4 慢性蕁麻疹

5 原因不明の症状(肩こり、頭痛、腰痛、めまいなど)

といったものが挙げられます。  

口内炎がよくできたり、皮膚科に行っても治らない肌荒れやかゆみなどのある方は、お口の中の金属が原因ということが多いのです。

口の中の金属を全て除去したら、嘘のように症状がなくなったということもよくあります。

--------------------------------------------------------------

dentaltools.jpモデルトリマー歯科ポータブルデジタル式X線診断装置などを販売している中国一流のオンラインサプライヤーです。お客様に迅速・効率のあるサービスを提供しております。

インプラント手術の種類

インプラントは、顎の骨にインプラントを埋入する手術です。インプラントの手術は、1回法と2回法の2種類あり、歯科医師の判断によって選択されます。今回は手術の種類について紹介します。

インプラントの構造
手術の種類を理解するためには、インプラントの構造を知る必要があります。インプラント
・歯の根っこ(インプラント体)
・被せ物の歯(上部構造)
・被せ物の歯の土台(アバットメント)
の3つの構造でできています。

使用するインプラントの種類は歯科医院によって異なります。

インプラント手術は大きく分けて2つの方法がある
インプラント手術は、歯の根っこの代わりとなるインプラント体を骨に埋める手術です。手術の方法は「1回法」と「2回法」があります。

どちらも顎の骨にインプラントを埋める手術は同じですが、手術方法によってアバットメントを装着するタイミングが変わります。

骨の量や、部位、お口の状態で手術方法の選択が変わります。歯科医医師の判断で手術方法が選択されるので、自分で選ぶことはできません。

1回法は一度の手術で済む
インプラントを埋入した後、上の部分が歯肉の上に露出した状態になります。手術が1回で済むため、身体的に負担が少ないのが特徴です。

インプラントとアバットメントが埋まらないように縫合し、切開した傷跡が回復するまで待ちます。インプラントと骨が結合したのを確認した後、被せ物の歯を入れるための型取りをします。

2回法は2度手術が必要
1回法と比べて治療期間が長くなりますが、感染リスクが高い、露出すると骨との結合が阻害されてしまう場合に行います。

1回目はインプラント全体を、歯肉を被せて縫合を行い、歯肉が回復するまで待ちます。

2回目の手術は埋入した箇所の歯肉を切開し、インプラント上部を出しネジ穴にアバットメントを装着して、再度縫合します。歯肉が回復したら被せ物の歯を入れるための型取りを行います。

手術が2度必要になるので、身体的負担が大きいですが、骨とインプラントがしっかり結合するまで待つので、脱落のリスクが軽減できます。

手術にかかる時間の違い
インプラントの手術にかかる時間は、部位、本数、骨の量によって変わります。本数や骨の量が少ないと、時間が長くなる傾向にあり、本数が少ないと短い時間で終わる場合がほとんどです。2回目の手術は短時間で済みます。

まとめ
インプラントの手術は1回法と2回法があります。口の中や骨の状態をしっかり診査診断を行って、手術の選択は歯科医師が判断します。「1度で済むなら1回法がいい」と選択できるものではないので、注意が必要です。

---------------------------------------------------------

dentaltools.jp口腔内カメラセラミックブラケット(ブレース)などを販売している中国一流のオンラインサプライヤーです。お客様に迅速・効率のあるサービスを提供しております。

オーラルフレイル

オーラルフレイル お口から健康になりましょう
オーラルフレイルという言葉をご存知でしょうか?最近になり言われ始めた言葉ですが、オーラル(口腔)とフレイル(虚弱、高齢者が筋力の低下などにより活動が低下している
状態)を掛け合わせた言葉になります。

つまり口腔の機能低下に伴う運動の低下です。活舌が悪くなったり、食べこぼしなどや噛むことができなくなる(硬いものが食べれない)これらのことにより食欲が低下し柔らか
いものだけを食べたがります。そして食欲の低下などが続くと低栄養や代謝が低下し今度は口腔だけでなく体がフレイル(虚弱)の状態になってしまいます。

つまり口腔の虚弱体質(オーラルフレイル)から体(全身)の虚弱体質(フレイル)につながることになります。
例えば義歯を装着して噛めるようにすることが全身の健康に重要であることは明らかなデータがあります。当たり前ですが、しっかりと食べることができることでしっかりと栄養が取れますし栄養が取れれば当然健康状態も良くなります。

オーラルフレイルという状態がフレイル(全身的な虚弱状態)の前段階と考えられていますので、お口の健康を保つことが全身の健康を保つことにつながります。
お口の健康を保つには若いうちからの口腔ケアが大事になってきますので定期的な検診や定期的なケアをお勧めします。

-------------------------------------------------------

dentaltools.jp歯科診療用トレーテーブルエアーモーターセットなどを販売している中国一流のオンラインサプライヤーです。お客様に迅速・効率のあるサービスを提供しております。

朝の歯磨きのタイミングって?

今回は歯磨きするタイミングについてお話したいとおもいます。
Q)  歯磨きは朝起きてすぐした方がいいの?と患者様から問われたことがありました。
もちろん、朝起きてすぐ歯を磨くということは、とても重要です。
私たちは食べ物を食べたら磨く習慣が幼いころからあるので
「食べる」→「口の中に食べ物の残りカスができる」→「歯磨きできれいにする」
という流れが出来上がっているため、食後に歯磨きをする、というイメージか強くあると思います。
ですので朝に関していうと「朝食後歯を磨く」という方が多いのではないかと思います。
これも正解です。歯磨きの習慣づけとしてはバッチリです。
ただ、何のために歯を磨くの?に立ち戻ると、また別のことも見えてきます。

まず、虫歯も歯周病も、原因は各々の細菌だということです。
では、細菌が増えるタイミングはいつなのでしょうか?
口の中には唾液があり、通常であれば唾液の役割の一つである自浄作用が働いています。
しかし、唾液の量が少なくなる時があります。
それが、寝ている時なのです!
ですので、この前後のタイミングでしっかり歯磨きをする必要があります。

朝起きたとき、お口の中は寝ている間に増えた細菌でいっぱいです。
歯を磨かずにこのまま飲食すると、その細菌を体内に入れることになります。
通常であれば問題ないかもしれませんが、
体調を崩しているときなどは、誤嚥性肺炎を引き起こす原因ともなります。

理想は朝起きてしっかり磨くことですが、時間がない時は強くブクブクうがいでも大丈夫です。
時間がある時や余裕がある時は、起床後、朝食後磨いてみるのも良いかもしれません。
タイミングを意識して歯を守っていきましょう!

---------------------------------------------------

dentaltools.jp歯科手術用無影灯増速コントラアングルなどを販売している中国一流のオンラインサプライヤーです。お客様に迅速・効率のあるサービスを提供しております。