咬み合わせを変える治療?

○食べる運動

食べることにおいて、食べ物を咬む運動は非常に重要な役割を果たしています。神経と顎の筋肉の調和した働きにより、食べ物を歯で粉砕して食塊を形成します。この食塊形成ができることで、嚥下反射により、円滑に食べ物を飲み込むことができます。

歯と顎骨の間にある歯根膜や、口の中の粘膜に存在する感覚受容器が感じた食べ物による圧力情報と、顎の筋肉や顎関節に存在する感覚受容器が感じる筋肉の収縮状態や顎関節の開き具合などの位置情報が中枢と連携して、食べ物を咬む動きを制御し、これにより、食塊を形成し飲み込むという一連の流れをコントロールしています。

食べ物を咬むとき、舌は食べ物が喉の奥に行かないようにしながら、頬と一緒に食べ物を歯の咬み合わせの面に乗せることで、粉砕・すり潰しを手助けし、さらに唾液と混ぜ合わせることで、食べ物を飲み込みやすい食塊に形成します。

この食べるサイクルの中に、不適切な歯の接触が存在すると、無意識にそこを避けて何とか食べようとしますが、それを続けているとストレスとなってしまい、歯や顎に痛みや違和感などの症状がでてくることがあります。

またさらに、咬み合わせや顎関節の異常、歯の欠損などにより食べる運動が円滑にできなくなると、筋肉や感覚の衰え、唾液分泌の減少も招いてしまいます。

○咬み合わせを変える治療とは?

咬み合わせを変える治療とは、上記のように円滑に食べる運動ができなくなっている状態に対して行い、スムーズに咬んで飲み込む運動を回復するために行う治療です。

咬み合わせを変える治療を専門用語で、咬合再構成といいます。咬合再構成は、中心咬合位に明らかな異常があり、顎口腔系に疼痛などの異常を訴える患者に対して、中心関係で一致して安定した咬頭嵌合位を補綴装置で付与するために行う臨床操作と定義されます。

咬合再構成を行うにあたって理想とする顎の位置と咬み合わせには以下の要件が挙げられます。

①顎関節において関節窩・関節円板・顆頭の位置関係と形態が正常である

②安定した咬頭嵌合位である

③バランスの取れた適切な咬合平面である

④適切なスピーの湾曲、ウィルソンの湾曲がある

⑤歯列形態が左右対称のU字形で連続性がある

⑥舌房が許容されるために十分な咬合高径である

⑦顆路角と連動するような咬頭傾斜角と展開角をもった咬合面形態である

⑧左右側方運動において同じような咬合様式をとる

⑨自由度のある前方・側方の誘導要素

---------------------------------------------------------- 
dentaltools.jpタービンハンドピース歯科用インプラント装置などを販売している中国一流のオンラインサプライヤーです。お客様に迅速・効率のあるサービスを提供しております。

顎関節症ってどんな症状なんですか?

口を開けるとあごが痛い、カクカク音がする、このような症状のある方は顎関節症かもしれません。

顎関節症と聞くと、顎関節に異常が起きていると想像されるかもしれせんが、顎関節症にもいろんな種類があります。

①筋肉痛タイプ
②ねんざタイプ
③クッションのずれタイプ
④骨の変形タイプ
①は「顎関節を動かす筋肉の炎症」

②~④は「関節の内部の異常」が原因です。では、詳しく見ていきましょう。

①筋肉痛タイプ
側頭筋や咬筋という、口を動かしたり咀嚼したりするのに重要な筋肉に炎症が起きる顎関節症です。

・我慢すれば口は開けられるが、口を開けた時に痛む。

片頭痛がする。頬がだるい、重い。頬が腫れぼったい。顔がゆがむ。

などの症状があるとこのタイプかもしれません。筋肉痛(筋肉の緊張)による痛みが原因ですので、顎関節自体には問題がありません。症状を改善させるためには筋肉をほぐすことがまず大切です。

②ねんざタイプ
関節には、骨のほかに軟骨や靭帯、関節包といった組織があります。そうした組織に無理な力がかかって傷んでしまうのが、このねんざタイプです。筋肉痛タイプと同じように、我慢すれば口は開けられるが、口を開けると痛いといった症状が現れます。ただ、筋肉痛タイプと大きくちがうのは、関節の炎症が起きて痛みが出ている間はあごを安静に休める必要があるところです。無理に動かすと炎症が増し、関節の動く範囲が小さくなってしまいます。

③クッションのずれタイプ
正常な顎関節では、口を開ける動作に応じて、イラストのように常に下顎頭の上に関節円板と呼ばれるクッションの役割をもつ組織が乗っています。(水色の部分)
ところが、このクッションが前の方にずれてしまうと、

・口を開けるとポキポキ、カクカク鳴る

・口を開けようとしても、引っかかったように開けられない。
 大きく開けようとすると痛い

といった2パターンの症状が出てきます。音が鳴るだけであれば経過観察することも多いですが、2つ目の引っかかりが起きている場合は、次の④に移行することもあるため、医療機関で定期的な検査を受診しましょう。

④骨の変形タイプ
関節円板が前にずれ、さらに加齢などにより軟骨が薄くなると、下顎頭とその上の下顎窩が直接当たるようになり、やがて骨が変形していく変形性顎関節症を引き起こします。関節円板が前にずれているので、口を開ける時に引っ掛かりや痛みがあります。また、下顎頭と下顎窩がこすれて、ザラザラとした音が鳴ることもあります。軟骨は女性ホルモンの影響を受けるため、ホルモン量が低下する中高年の方によく見られるタイプです。

このような症状が出たときにはどうしたらいいのでしょうか?
医療機関での治療方法としては飲み薬の服用、注射治療、マウスピースの装着、内視鏡手術などさまざまですが、根本的な原因を改善しなければ症状も緩和されないことがあります。積極的な治療をする前に、まず顎関節のセルフケアを行ってみましょう◎

・開口ストレッチ(4つすべてのタイプに)

①こめかみに手を添え、あごを右、左と動かします。

②下あごを前に突き出します。

③口を大きく開けます

これらを1日5セット(1セット10回)行います。全身のストレッチと同じで、続けることによって効果が現れます。ただし一度行ってみて痛みがひどい場合は、顎関節に炎症が起きている可能性があるため、炎症が落ち着くまで関節を休ませましょう。

・筋肉マッサージ(筋肉痛タイプに)

①人差し指と中指を傷みのあるところに当てます。側頭筋ならこめかみあたり、咬筋なら頬と耳の間です。

②500円玉くらいの円を描くように指を動かし、筋肉をほぐします。痛気持ちいと感じるくらいがベストな押し具合です。

-------------------------------------------------------------- 
dentaltools.jp超音波スケーラー歯面清掃用ハンドピースなどを販売している中国一流のオンラインサプライヤーです。お客様に迅速・効率のあるサービスを提供しております。

親知らずについて

親知らずが、腫れて痛い!というような経験はありませんか?

親知らずは抜いたほうが良いとか、抜くと腫れて痛いとか色々聞いたことがあると思います。

そんな親知らずについて、簡単に説明させて頂きます。

親知らずは、正式には第三大臼歯、通称8番と呼ばれています。

大昔の人は、親知らずよりも奥の第四大臼歯まであったそうですが、現代人は顎が小さくなってしまい、第四大臼歯は無くなってしまい、親知らず(第三大臼歯)までしかありません。

たまに4本全ての親知らずがない方もにお見掛けしますが、この進化の流れでいうと、他の方より進化した未来人なのかもしれません。

よくタバコは、百害あって一利なしと言いますが、親知らずも似ています。

歯並びが悪くなる。
虫歯の原因となる
炎症が起きて腫れる
など、悪いことが起きる可能性があり、良いことはほとんどありません。

そんな厄介者の親知らずですが、歯がどのような状態なのかで抜歯する難易度が変わってきます。

上あごの親知らず
・完全に外に生えている。

比較的抜歯は容易です。あまり腫れません。

・完全に骨に埋まっている。

抜歯するためには、骨を削り中から取りだしていく必要があり、比較的大変です。ですがあまり腫れません

下あごの親知らず
・完全に外に生えている

比較的抜歯は容易で、腫れも少ないです。

・中途半端に生えていて、半分埋まっている。

歯茎を切ったり、骨を少し削ったり、比較的大変です、腫れもややあります。

・完全に埋まっている、水平に埋もれている。

こうなってしまうと、非常に大変です。深く埋まっているので、骨を削る量も増えますし、歯を細かくして取り除く必要があります。腫れる量も他と比べると大きくなります。

目安として簡潔に書きましたが、上顎洞との距離や、下顎管といわれる神経の通り道との距離も抜歯の難易度に影響を与えます。

また同じ状態の歯でも、年齢が上がるにつれて抜歯が難しくなってしまうとか、上記のように一概には言えません。

 

----------------------------------------------------------

dentaltools.jp歯科ポータブルデジタル式X線診断装置歯科矯正治療模型などを販売している中国一流のオンラインサプライヤーです。お客様に迅速・効率のあるサービスを提供しております。

お子さまの歯の健康を守るために

お子さまの歯は、「どうせ生え変わるのだから」と、
思っていませんか?

乳歯はあごの発育や顔の形成にかかわる大事な役割があり、正しい発音を覚えるためにも重要なものです。

何よりも、生え変わる永久歯を正しい位置に誘導するという役割も担っています。お子さまの虫歯は、進行のスピードが早く、悪化してしまうと、本来の乳歯の役割を果たせなくなってしまいます。

乳歯が虫歯になると、その後に生えてくる永久歯も虫歯になりやすい傾向があり、永久歯に生え替わるときに虫歯があると、将来の歯並びに影響を及ぼす場合もあります。

お子さまの歯を守っていくためにも、お母さんやお父さんの心がけが重要です。

☆食生活で気をつけること☆

虫歯菌は糖分を栄養にして酸をつくり出し、歯を溶かしていきます。

糖分の少ないおやつや、キシリトール入りのおやつを与えることで、虫歯予防につながります。虫歯を恐れて「おやつをあげない」のではなく、上手にあげるようにしましょう。

また、清涼飲料水、果汁100%のオレンジジュース、炭酸飲料などの歯を溶かす酸性度の高い飲み物の過剰摂取に注意してください。

そして、時間を決めずにだらだら食べていると、お口の中は酸性の状態が長く続きます。その状態では歯の再石灰化(一度失われたミネラル分が再び取り込まれる作用)を妨げ、虫歯になりやすくなります。

丈夫な歯を作るために、カルシウムは良質のタンパク質と一緒に食べるなど、バランスの良い食生活を心がけてください。特に永久歯がつくられる時期は十分なカルシウムの摂取が必要です。

☆歯磨きを正しくすること☆

お子さまのブラッシングだけでは磨き残しが出てしまいますので、お子さまがブラッシングした後は、必ずお母さんやお父さん

の手で仕上げ磨きをしましょう。その際に、間違った歯磨きをしてないか見抜き、教えてあげましょう。仕上げ磨きは「親子のスキンシップの一環」ととらえ、楽しみながら習慣化してください。

また、1日3回食後に磨く習慣をつけ、特に睡眠中は唾液量が減って細菌が増えやすいため、寝る前はしっかり磨いてください。

☆お子さまの歯並びが気になったら☆

歯並びが悪いと、見た目が気になるだけでなく、以下のようなことが起こります。

・むし歯・歯周病の原因
・発音が悪くなる
・咀嚼に影響するため、消化機能へ負担
・健康に悪影響
・運動能力の低下

しかし、成長過程にあるお子さまの歯や顎の骨は柔らかいため、大人よりも無理なく歯や顎の骨を動かすことができます。

そのため、小児矯正は短期間で良い治療結果が期待でき、痛みも少なく済みます。

また、歯が生えそろうスペースを確保しながら矯正を進めるため、大人になってから本格的に矯正をしようとなった場合でも抜歯を避けられる可能性が高くなるのです。

正治療は、一般的には乳歯が永久歯に生えかわる10歳前後の時期が好ましいと言われていますが、お子さまの歯の状態は個人差があるので、最適な治療時期は様々です。

定期的に検診を受けて頂くと、矯正治療をはじめる時期を知ることもできます。

☆健やかな歯を守り育てるために☆

歯医者ではお子さまの成長に合わせ、虫歯治療はもちろん、予防の観点からも正しい知識やブラッシング指導などで、お口の中を清潔に保つお手伝いを行います。

お忙しいご両親に変わり、定期的な歯ブラシ指導・チェック、お口のケアをすることで、むし歯や歯周病の原因を取り除くことができます。

また、お子さまの歯はエナメル質が弱く酸化しやすいため虫歯になるリスクが高いため、歯を少しでも強くするためフッ素を塗布したり、シラート(プラスチックの一種)で奥歯の噛み合わせ面の溝を詰め、食べ物のカスや菌が着かないようにする治療を行うことも可能ですので、お子さまの健康な歯を育てるためにも定期的に歯医者を受診してください。

----------------------------------------------------- 
dentaltools.jp歯科用インプラント装置超音波洗浄器などを販売している中国一流のオンラインサプライヤーです。お客様に迅速・効率のあるサービスを提供しております。

歯ぎしり

自分ではなかなか気づきにくい歯ぎしり。
歯ぎしりは睡眠の妨げになるだけでなく、歯や顎などに悪影響を与えます。
歯ぎしりをしている人の割合は高いとされ、自覚していない人は少なくありません。

睡眠中の歯ぎしりは、だれにでもみられる現象です。健康な人でも疲れているときなどには、
ひと晩に1回くらいは歯ぎしりをしますが、通常は10分か15分程度で収まります。
ところが歯ぎしりが常習の人の場合、毎晩のように、それも1時間以上も続くことがあります。
しかも、非常に強い力(人によって違いはありますが、ガムを噛むときの数倍~10倍程度)で歯をこすり合わせています。

今回は歯ぎしりのリスクについて!

そもそも歯ぎしりはナゼ起こるのか?

歯ぎしりの原因は明確になっていませんが、一般的にはストレスや歯並びの乱れ、咬み合わせ不良などが要因と考えられています。
肉体的・精神的なストレスがたまると、無意識に歯ぎしりをすることによって発散していると言われています。

口腔内の悪習癖(ブラキシズム)の種類

ブラキシズムは、主に次の3つに分類されます。

①歯のすり合わせ(グラインディング)
一般に歯ぎしりといわれるもので、強い力で上下の歯を横にすり合わせる症状。

②歯の噛みしめ(クレンチング)
音はほとんどしませんが、強い力で歯をくいしばる症状。音がしないので気づきにくく発見が遅れやすいです。

③歯を鳴らす(タッピング)
上下の歯を合わせてカチカチな鳴らす歯ぎしりです。歯をリズミカルにカチカチと合わせるのがタッピングの大きな特徴です。

歯ぎしりなどのブラキシズムは、眠っている時だけでなく起きている時にも行っていることがあります。
気づいたら歯を食いしばっていた・カチカチと歯を咬み合わせていた、ということは珍しくありません。
眠っているときは無意識ですが、起きているときに行っていることに気づいたならば意識的に行わないようにすることが大切です。

歯ぎしりによる悪影響

歯周病が悪化する
歯ぎしりをつづけていると歯周病が悪化しやすくなります。歯周病は歯と歯肉の境目に細菌が溜まり、歯肉が炎症を起こして腫れて赤くなります。
歯ぎしりをすることによって歯の根元に強い力が加わり、歯と歯茎の隙間が拡大します。
そして隙間に細菌が増殖しやすくなり歯周病が悪化してしまうのです。

②知覚過敏を発症する
また歯ぎしりをすると歯の表面のエナメル質が削られます。するとエナメル質の中にある、柔らかい象牙質という部分が表面に出てきます。
この象牙質は刺激に弱いため、冷たいものなどを食べるとしみるようになります。

顎関節症を引き起こす
歯ぎしりをするときに上下の歯にかかる力は通常の食事の際の力に比べて非常に強いため、
顎関節にかかる負担が大きくなります。これが顎関節症の原因になることがあります。

④頭痛や肩こりを引き起こす
歯ぎしりや食いしばりをする時、顎から頭の横へと広がっている筋肉、側頭筋(そくとうきん)という筋肉が使用されます。
歯ぎしりをすると側頭筋が緊張し、頭が締め付けられているような頭痛が起きます。
また歯ぎしりの時に使われる多くの筋肉は顎、首、肩へと繋がっています。
そのため歯ぎしりをすることによってそれらの筋肉が緊張し、肩の筋肉が強張り肩こりになってしまうのです。

-----------------------------------------------------
dentaltools.jpデジタルワックスペン集塵機(集じん機)などを販売している中国一流のオンラインサプライヤーです。お客様に迅速・効率のあるサービスを提供しております。

治療とメンテナンスの中断について

まずは治療の中断について。。。

風邪は病院へ行かなくても治ることがあります。しかし再石灰化が可能な極初期のむし歯を除いては、むし歯が自然に治ることはありません。むし歯は進行すると治療が複雑になるため、当然通院回数が多くなってしまいます。すると治療を途中で中断してしまう患者さんもいらっしゃいます。今回は特に治療の中断をしてしまいやすい根の治療(根管治療)についてお話します。

むし歯が神経まで進行してしまうと歯を残すために根管治療が必要になります。

根管治療の流れ
1.汚染組織の除去・・・虫歯菌に汚染された根管内の神経や血管などを取り除きます
2.根管内計測・・・根管内を成型し、根管の深さを専用の器具を使って正確に測定します
3.洗浄・除菌・・・根管内に細菌が残らないように、しっかり洗浄し徹底的に除菌します
4.薬剤の充填・・・根管内に細菌が入らないように、根管内部にすき間なく薬剤を充填し密封します
5.土台の構築・・・歯の根に、被せ物を装着するための土台となる部分をつくり芯(コ ア)を立てます
6.被せ物の装着・・・土台に被せ物を装着し、咬み合わせなどを調整して完了です

このように、この治療を確実に行うためには、どうしても治療工程が多くなってしまいます。また根管はとても細かいうえに複雑な構造になっており、中には1つの歯に対して3~4本の根管があることもあるなど、根管治療はとても難しい治療です。
しかし、通院回数が増えると途中で治療をやめてしまう方もいらっしゃるのが現状です。

痛かった歯が突然痛く無くなり、むし歯が治ったと勘違いしがちですが、神経をとったために「痛みを感じなくなっているだけ」なので、これは非常に危険です。中断した状態で放置するとまだ細菌感染した歯質や神経が残った状態なので、残っている細菌により感染箇所が徐々に拡大していくことになります。また、神経を取ってもろくなった歯が割れてしまい、残せるはずだった歯が抜歯せざるを得なくなってしまうこともあります。

根管治療中によく根管内に入れるお薬に水酸化カルシウムがあります。このお薬の抗菌効果の限界は4週間です。また、根管治療中に仮の蓋としてよく使われる水硬性セメントが唾液から根管内を守る限界が2週間という報告があります。これ以上治療期間が開いてしまうと根管内に細菌の再感染のリスクがどんどん高まってしまいます。

むし歯は、早い段階で発見できた場合の治療は比較的簡単です。しかし、悪化することによって、治療も複雑になり通院回数も増えてしまいます。歯へのダメージをなるべく減らすためにも早期発見・早期治療を心がけることが大切です。

「一度治療を中断してしまったから、歯医者に行きにくい……」と、中断したことに不安を抱えながら、なかなかもう一度歯科医院に行けない、と悩まれている方もいらっしゃると思います お忙しい中で、やむを得ない事情などによって、ときには治療を中断してしまったということもあると思います。しかし中断して、そのままにしていることが一番危険です。お口の中の状態を、これ以上悪化させないために、早めの治療をおすすめします(^o^)

続いてはメンテナンス(定期検診)の中断について。。。

ここでは治療後のメインテナンスについて説明します。数ヶ月から1年以上にわたって、治療のために歯科医院へ通い続けて、ようやく治療も終了となると、誰もがほっとするものです。仕事が忙しくて治療を中断したままの方もいるのではないでしょうか?継続して通院する努力は大変なものですが、治療が終了してもここで安心してはいけません。お口の中は、「メインテナンスフリー」というわけにはいきませんので、歯科医院のブラッシング指導で教えてもらった方法を毎日実践することが重要です。

メインテナンスは、「治療によって得られたお口の健康な状態を持続させ、再発を防止すること」を目的としています。毎日各自が行っている歯ブラシ、デンタルフロス、歯間ブラシなどを使ったセルフケアが重要なのは当然ですが、このセルフケアで及ばない部分を、定期的なプロフェッショナルケアで補ってあげるのがメインテナンスです。

治療期間中は、清掃状況をチェックされるので一生懸命ブラッシングをしますが、治療が終了するとサボリ気味になるのが常です。むし歯や歯周病はいわゆる生活習慣病ですから、日頃の生活習慣(ブラッシング習慣)が大切です。食後に必ずブラッシングをするのが難しい方は、1日1回は時間をかけてブラッシングをしましょう。
夜寝る前のブラッシングが一番効果的ですし、夜寝る前が最も時間を取りやすいでしょう。
また、デンタルフロスや歯間ブラシといった歯間清掃用具が必須であると分かっていても、継続して使用することが難しいようです。大抵の人は、手持ちの道具がなくなると使用しなくなるようです。最初は多めに購入して一生懸命使い続けていると習慣になり、使わないと気がすまないようになります。

メンテナンスの間隔ですが、むし歯の治療のみを受けていた方で歯肉に問題がない場合は、4ヶ月に1回のメインテナンスを受けましょう。
歯周病の治療を受けていた方は、もう少し短い間隔でメインテナンスを受けましょう。
プロフェッショナルケアを受けても、直後から細菌は徐々に増えていき、バイオフィルムを形成します。これが古くなるとセルフケアでは落とすことは難しくなります。その落としきれなくなる間隔が4ヶ月なのです。
なので4ヶ月おきのメンテナンスをオススメしております。
ただし、これは歯ぐきの状態が問題ない方の場合です。歯周病が進行している方や、炎症がある方は間隔を1ヶ月〜3ヶ月に設定させて頂き、ケアをさせていただいております。

最後に。。。

治療中断の危険ベスト3の発表です☆
第3位。。。『歯周病治療、メンテナンスの中断』日本人の多くが歯周病の放置で歯を失っています!歯周病特有の口臭も出てきます。

第2位。。。『虫歯の治療の中断』進行した虫歯によって、歯の神経が腐敗したり、虫歯による口臭の原因にも!

第1位。。。『歯の根の治療の中断』放置すると、歯の根の先端から膿がでて顎の骨を溶かすことに!歯の寿命が一気に縮まります!

歯は失って初めて大切さがわかるものです。しかし、失ってしまってからでは後悔しかありません!
いつまでも美味しくご飯を食べたり、お喋りしたり、口元も美しくいたいものです。
治療が終わったらメンテナンスもしっかりと受けましょう(^○^)

-------------------------------------------------  

dentaltools.jp歯科用ポータブル診療ユニット歯科用マイクロスコープなどを販売している中国一流のオンラインサプライヤーです。お客様に迅速・効率のあるサービスを提供しております。

歯ブラシの種類

皆さん、普段歯ブラシ買うときに何かこだわって買われていますでしょうか??

実は歯ブラシは沢山種類があるのです!

今 からご紹介させて頂きます。

*毛先の形

・ラウンド毛

歯の表面を全体的に磨きやすい

むし歯予防向けの歯ブラシ

・テーパード毛

歯と歯の間や、細かいところを磨きやすい

歯周病の方向けの歯ブラシ

*毛束の密度

・毛の多い歯ブラシ

汚れを絡め取るのに優れている

・毛の少ない歯ブラシ

細かい間などを磨くのに優れている

*歯ブラシの取り換え時期

1か月に1本を目安に交換しましょう。

歯ブラシの毛先は1か月使うと、とても開いてきます。

毛先の開いた歯ブラシでは歯垢除去率が60%ほどに落ちてしまうので、1か月に1本を目安に交換していきましょう!

歯ブラシは毎日使うものなので、是非自分に合った効率良く磨ける歯ブラシを選んで頂きたいと思っています。

--------------------------------------------------------  

dentaltools.jp歯科根管材料電気加熱注入器歯科用レーザーなどを販売している中国一流のオンラインサプライヤーです。お客様に迅速・効率のあるサービスを提供しております。