セラミッククラウン(白いかぶせ物:審美領域)

ジルコニアクラウン(前歯・奥歯)
人工ダイアモンドであるジルコニア素材のキャップに高品質のセラミックを焼き付けたものです。ジルコニアクラウンは歯科医院によって技術に差が分かれます。

歯科技工士がセラミックパウダーの色の種類を何層にも重ねて焼き付け、周囲の天然歯と馴染む自然で透明感のあるジルコニアオールセラミックスクラウンをご提供できています。(20Boxes 歯科矯正セラミックブラケットブレースMBT 022 3フック

f:id:xiulase:20190820155806j:plain

ジルコニアクラウン

イーマックスクラウン(前歯・奥歯)

f:id:xiulase:20190820160102j:plain
▲イーマックスクラウン
次世代のセラミックであるニケイ酸リチウムを含んだセラミック素材です。イーマックスは作り方が2通りあり、

冠すべてがイーマックスでできたクラウン(奥歯向け)
イーマックスのキャップに高品質のセラミックを焼き付けたクラウン(前歯向け)
上記の2種類のタイプがあります。患者さんのお口の症状やご要望により使い分けを行っております。

フルジルコニアクラウン(奥歯のみ)

f:id:xiulase:20190820160205j:plain
▲冠すべてがジルコニア素材
冠全体がジルコニア素材で出来たクラウンです。ジルコニアは金属と同等の強度を持っているため、フルジルコニアクラウンにおいては冠の厚みを薄く作ることができます。そのため、通常のセラミッククラウンに比べて、形成の際に歯を削る量が少なくて済みます。奥歯の咬み合わせの強い方に対して有効なクラウンです。

ジルコニアは白いダイアモンドとも言われ、家庭用製品や医療用の人工関節など生体親和性の高い強度のあるセラミック素材です。曲げ強度は一番高いセラミックで、その強度のメリットを奥歯のクラウンに生かしたのがフルジルコニアクラウンです。

メタルボンドクラウン(前歯・奥歯)

f:id:xiulase:20190820160249j:plain
▲メタルボンドクラウン
金属のキャップにセラミックを焼き付けたクラウンです。現在の潮流は上記のオールセラミッククラウンが主流となってきていますが、メタルボンドは治療の歴史が古く、適合性もよいため、まだまだ多く出ているセラミッククラウンの一つです。

奥歯の咬み合わせの強い方、前歯で歯ぐきとの境目をより自然に見せたいという方は不向きです。当院のドクターはメタルボンドの時代も多く経験しています。ご検討の方はお問い合わせください。

ハイブリッドレジンクラウン

f:id:xiulase:20190820160308j:plain
▲ハイブリッドクラウン
金属の内面キャップにハイブリッドレジンを焼き付けた強化用プラスチック製のクラウンです。比較的安価で綺麗で、保険用プラスチックよりは強度があり変色しにくいのが特徴です。

長期間使用では変色することがあり、セラミックに比べると透明感はないので、当院では積極的に使用しておりません。(セラミックブラケット(ブレース)

 

アルギン酸塩印象材練和器を使う方法について

アルギン酸塩印象材料の混合:

(1)機械の背面の主電源スイッチを押す。

(2)パネルの電源スイッチを押す。パネル上のデジタルチューブディスプレイとモードインジケーターが灯ることを確認する。

(3)メーカーが提供するスプーンは需要な印象材料を計量して、撹拌碗に入れる。

(4)メーカーの指定の計量方法によって、給水瓶で練和器の印象材料へ需要量な水を注ぐ。(水温は10から20℃まで)


注意:硬化の時間は水温の影響を与える。特に、夏に冷水を使わないと、硬化の時間を縮むことができる。

(5)撹拌棒で撹拌碗の中の印象材料と水を2分ぐらい撹拌する。

(6)撹拌碗の蓋を閉めて、蓋の上の提示によって、蓋をロッキングする。蓋の中央の孔は詰まるかどうかを確認して、詰まると、うまく開くまた閉めることができない。

注意:撹拌碗の蓋をロッキングしないと、撹拌をしている時に、印象材料が飛散して、機械の故障を起こすため、撹拌碗の蓋をロッキングしなければならない。

 

(7)撹拌碗は撹拌機に置く、練和器の蓋を閉めて、確認する。閉めないと、起動できない。

(8)撹拌量によって、相応しい時間を選ぶ。(撹拌時間の設定項を参考する)。設定して、スタート/ストップを押して、ブザーが二回を鳴る後で、練和器は働きを始める。時間ディスプレイは秒が漸減する方法で、終わる時間をディスプレイする。回転中で蓋が完全に閉められるため、開くことを心配はない。

 

注意:撹拌する時間は需要な時間を超えると、硬化時間が早くなるため、一番短い需要時間を設定して、できるだけ早い。

 

文章ソース アルギン酸塩印象材練和器を使う方法について

歯肉炎になるとおこる症状

しみる
歯ぐきが炎症を起こしているため、熱いもの冷たいものなどの刺激に敏感になります。また歯肉炎で歯ぐきが下がってくると歯のセメント質と呼ばれる弱い部分が露出してくるので冷たいものが凍みる、いわゆる知覚過敏が起こります。

歯ぐきから血が出るけど痛くない
歯を磨いたり、リンゴのような歯に力がかかる物を食べた時に出血することがあります。初期では痛みは感じないレベルがほとんどです。歯ぐきの血管は繊細で弱いです。歯ぐきが炎症を起こすことで柔らかくなり、出血しやすくなります。(歯科 バイブレーター

f:id:xiulase:20180809154446j:plain

歯ぐきの色が赤黒くなる
健康な歯ぐきはピンク色をしています。しかし炎症が大きくなり歯ぐきと歯を結ぶ歯根膜にまでおよんでしまうと歯ぐきの血流が悪くなり歯が赤黒くなってきます。形も丸みをおびてぶよぶよになってきます。

口臭が強くなる
歯ぐきが腫れて歯周ポケットが深くなると、そこにたまった細菌が腐敗臭を出すようになります。その腐敗臭と血の混ざったようなにおいが口臭としてでてきてしまうのです。(歯科用マイクロスコープ

歯にできる黒い点の原因

虫歯の初期症状
歯の黒ずみの原因の多くは虫歯です。まだ痛みもない初期段階の虫歯でも、歯の表面が黒くなっていることで気がつくことがあります。しかし、すべての虫歯が初期症状で黒ずみを生じるわけではないので注意が必要です。黒ずみや痛みがなくても、口臭によって虫歯が発覚することもあります。(歯科根管機器

f:id:xiulase:20180528172116j:plain

歯石
歯石とは、歯垢が石灰化して歯と歯の間にこびりついた石のようなものです。歯石は乳白色のものがほとんどですが、黒い歯石は歯周病のシグナルといえます。歯周病由来の歯茎からの出血で作られる歯石は、黒いことが特徴なのです。

ヤニや茶渋などによる着色
タバコのヤニ、お茶やワインなどに含まれているタンニンが歯に着色し、黒ずみを作ります。白い歯を保つためには、タバコはなるべく控えるようにし、またお茶やワインを飲んだ後には軽く水で口をすすぐことを習慣にするようにしましょう。(手術用LED照明灯

 

歯について

食べものを噛(か)む
まず思いつくのが「食べものを噛(か)む」という役割でしょう。よく噛(か)んで食べることで食べものの栄養をしっかりと吸収できます。胃や腸にかかる負担も少なくできるため、健康に欠かすことのできない役割と考えられるでしょう。

歯ごたえを楽しむ
食べものの歯ごたえを楽しむことも歯の大切な役割です。食べものは味だけでなく、歯ごたえや歯ざわりを楽しむことも必要でしょう。(ホワイトニング照射器

f:id:xiulase:20180305180803j:plain

発音を助ける
美しい歯並びは発音を助けます。歯が失われていたりすき間があったりするときちんとした発音ができなくなってしまうのです。

顔の形を整える
歯並びが悪いと口を閉じていても顔の形がゆがんで見えてしまいます。歯は顔の形を整えて美しい表情を作る上でも重要な役割を果たしているのです。(オートクレーブ 歯科