自然治癒を促進させるための方法

デンタルフロスを使ってプラーク除去

虫歯菌の原因は歯に付着しているプラークです。虫歯予防として何よりも大切なのが歯磨きです。歯磨きのみではプラーク除去は難しいので、デンタルフロスを使って効率良く毎日の歯磨きを徹底していきましょう。さらに、フッ素が配合されているフロスを使えば、虫歯菌を弱め、予防効果も期待できます。(歯科治療機器

f:id:xiulase:20171205124245j:plain

キシリトールガムを噛む

ガムを噛むことで唾液が出ます。唾液には虫歯治癒を促す効果があり、キシリトールには虫歯菌の活動を弱める働きがあると言われています。そして、プラークが付着しにくくなる効果、剥がれやすくする効果があり、自然治癒を促進してくれます。

糖質を抑え、健康的な食生活を送る

自然治癒は歯磨きのみならず、食生活も重要なポイントとなっています。ダラダラと食べ続ける時間が増えてしまうと、摂取した糖質により、永遠と脱灰が繰り返されます。脱灰が行われている歯は唾液のミネラルによって修復されます。唾液のミネラルは主にカルシウム、ビタミンB、ビタミンCから作られています。(歯科用マイクロモーター

シフォンケーキ

このシフォンケーキの大きさにはビックリでした
フワフワでとっても美味しいシフォンケーキでした

f:id:xiulase:20170927123847j:plain

親知らずが横向きに生えると、何が起きる

智歯周囲炎

斜めに生えてくる親知らず(不完全埋伏智歯)は、歯磨きの邪魔になることが多いです。斜めに生えている歯の周囲には、歯ブラシが届きにくいからです。結果、周辺の歯茎に歯垢が溜まり、歯垢の中で細菌が増殖します。やがて、増殖した細菌が歯茎に炎症を起こし、親知らずの周囲が腫れてしまうわけです。(オートクレーブ

虫歯

これも、斜めの親知らずで起こりやすい問題です。斜めに生えている歯は歯ブラシが届きにくく、全体をくまなくブラッシングするのが困難になります。そのため、磨けない部分があっという間に虫歯になることがあります。

f:id:xiulase:20170927123239j:plain

第二大臼歯の歯根吸収

横向き・斜めに生えてくる親知らずは、手前側を向いて生えてくるのが普通です。つまり、第二大臼歯のほうに傾いているわけです。すると、親知らずが生えてくるとき、第二大臼歯を圧迫する形になります。

歯並びへの悪影響

横向き・斜めに生えてきた親知らずが、手前の歯(第二大臼歯)を圧迫するのは前述のとおりです。このとき、歯根ではなく「第二大臼歯全体」を圧迫すると、どのような影響が及ぶでしょうか?(歯科 口腔内カメラ

含歯性嚢胞

親知らずが完全に埋まっている場合、含歯性嚢胞(がんしせいのうほう)と呼ばれる病変が発生することがあります。嚢胞というのは「身体の内部にできる袋状の病変」です。歯が袋に包まれた状態で歯茎に埋まっているわけです。

埋伏していても上向きに生えていれば、歯茎を切開して歯を保存できる場合があります。しかし、横向きに生えている水平埋伏智歯であれば、歯の保存は困難です。嚢胞と親知らずをともに摘出することになります。

矯正治療の痛みについて

ブラケット矯正による痛み

ブラケット矯正では、歯の動きをワイヤーで促すために、少しの痛みが生じます。痛みのピークは治療開始の夜、もしくは翌日の夜です。またワイヤーやブラケットが口腔内を傷つけるケースもあり、とくに運動を頻繁におこなう人は痛みが顕著になる傾向があります。(歯科用バイブレーター

f:id:xiulase:20170925122809j:plain

マウスピース矯正による痛み

マウスピースで歯が圧迫されるように感じ、装着直後は締め付けられるような痛みがあります。こちらも痛みのピークは治療開始の夜、もしくは翌日の夜です。

治療開始から2日を過ぎると徐々に痛みに慣れてくる

痛みのピークを過ぎると、痛みに慣れが生じます。治療開始から2日を過ぎた頃には慣れを感じてくるはずです。

痛みがなくなるというわけではなく、痛みの感じ方が変わるイメージです。そうなると日常での違和感や不快感が気にならなくなってきます。(歯科用マイクロスコープ

ごサマープリンセス

一番人気のこちらを注文してみました
もちろん作っている時にはご主人ののつぶやき有りです

f:id:xiulase:20170902125909j:plain

歯周病と糖尿病

歯周病の原因&症状まとめ

歯周病の原因となるのは、歯周病菌です。歯肉炎を引き起こす原因菌としてはアクチノマイセス・ネスランディ菌、アクチノマイセス・ビスコーサス菌などが知られ、歯周炎を引き起こす原因菌としてはプレボテーラ・インターメディア菌、ポルフィロモナス・ジンジバリス菌などが知られています。(歯科用無影灯

歯肉炎は歯茎、歯周炎は「歯周ポケット(歯と歯茎の隙間)」の炎症ですが、両方をまとめて広義の歯周病と捉えて構わないでしょう。

さて、歯を失うリスクが高いのは、歯周ポケットで進行する歯周病です。歯周ポケットの歯垢・歯石の中で歯周病菌が増殖すると、徐々に歯と歯茎が離れていき、歯周ポケットが拡大します。歯周ポケットが4mm以上になると、一般に歯周病と定義しています。

さらに歯周病が進行すると、最終的には「歯槽骨(歯を支える骨)」が溶けていき、歯がグラグラと揺れ始めます。このレベルになると、歯周ポケットは7mm以上に拡大し、多くは歯を失うことになります。ほとんどは自覚症状なしで進行していくため、「虫歯以上に歯を失うリスクが高い疾病」として注意が必要です。

f:id:xiulase:20170902124820j:plain

糖尿病の原因&症状まとめ

糖尿病には1型糖尿病2型糖尿病が存在していますが、一般に糖尿病と認識されているのは、2型糖尿病です。1型糖尿病は生活習慣と関係なく自己免疫性疾患などを原因としており、多くは子供のころに発症します。以上から、こちらの記事で「糖尿病」と記載するときは2型糖尿病を指しているものと捉えてください。

糖尿病が肥満・運動不足といった生活習慣に起因することは広く知られています。食事をすると血糖値(血液中の糖)が上がりますが、インスリンというホルモンの働きで次第に血糖値は低下します。しかし、日常的に過度の糖質を摂取していると、次第に血糖値が下がりにくくなっていきます。膵臓が疲弊して、インスリンを分泌しなくなるからです。

「血糖値を上げるホルモン」は、グルカゴン、アドレナリン、コルチゾール、成長ホルモンと複数存在しますが、「血糖値を下げるホルモン」はインスリン1つだけしか存在しません。生物は長い歴史の中で飢餓と戦い続け、進化を続けてきました。飢餓に対抗して「食べていないけれど血糖値を上げる」という手段は複数持っていても、飽食に対抗する手段には乏しいのです。(コントラアングル

こうして、高血糖の状態を解消できなくなると、血管が糖によるダメージを受けて動脈硬化が進みます。また、血管が傷ついたり詰まったりすることで、ほかの組織にもダメージは拡大します。目の網膜に血液が行き届かなくなる「糖尿病網膜症」、腎臓の「血液を濾過(ろか)する能力」が低下する「糖尿病腎症」、手足のしびれや感覚鈍麻(どんま)を起こす「糖尿病神経障害」など、さまざまな合併症が起こります。