マウスピース部分矯正ができる歯並びとは?

マウスピース部分矯正ってどんな治療?
マウスピース矯正の部分矯正は奥の歯以外の歯を動かして矯正する治療です。当院が取り扱うインビザラインGoでは前歯(1番)〜第二小臼歯(5番)を矯正用のマウスピースで歯を動かして矯正します。

歯科用ミニブ根管治療器

マウスピースは事前に口腔内をiTeroという口腔内光学スキャナーで読み取り、3D治療計画ソフトで治療終了までの歯の動きを予測し作成します。作成されたマウスピースを決まった順番で1週間〜2週間ごとに交換していくことで治療が進行していきます。

透明なマウスピースなのでワイヤー矯正よりも目立たず、全体的に歯を動かす必要がなく前歯部のみ動かすので、費用も抑えられ、概ね4ヶ月から半年で治療が完了します。

近年多くのマウスピース矯正がありますが、アラインテクノロジー社(インビザライン)のマウスピース矯正は世界で1000万人を超える患者様が治療を受けられています。その蓄積されたデータを元に行われている3D治療計画は患者様も当日の口腔内光学スキャナーで治療後のシミュレーションを確認することができます。

超音波スケーラー 

多くの矯正医がマウスピース矯正で治療を行うことにより、ワイヤーによる矯正治療等の従来の矯正治療と比較しても軽度〜中等度の非抜歯矯正においてはマウスピースでの対応も有意差は認められなくなってきていることがわかっています。

マウスピース部分矯正はどんな歯並びにおすすめ?
マウスピース部分矯正におすすめの歯並びは、骨格的に問題がなく、奥歯の咬み合わせにも問題がなく、必要な前歯部だけを動かすことで治療が可能な下記のような審美を目的とした治療になります。

------------------------------------------------------------

dentaltools.jp歯科根管治療機器歯科用超音波スケーラーなどを販売している中国一流のオンラインサプライヤーです。お客様に迅速・効率のあるサービスを提供しております。