親知らずを抜いた後に気をつけるべきことは?

■施術後の傷みは2日目がピーク
親知らずの治療を行った後は、開いた歯茎の傷口が残るためその部分に痛みを感じます。
痛みのピークは人により2日目~3日目に訪れるため、この期間は我慢の時期です。

しかし、治療後は痛み止めを服用できるまである程度の傷みは抑えることができます。
治療後麻酔が切れた際や痛み止めを飲んでいない時間に少し痛みがあるという感じですね。

親知らずを抜いた箇所周辺が腫れてくることがあります。
よく歯医者に行った後に頬が腫れている人がいますが、それは親知らずを抜いたことが原因かもしれません。

親知らずを抜くとその開いた傷口が炎症を起こすため、腫れにつながります。
痛みのピーク同様2~3日後にやってくるため、この間はあまり人には見られたくないという方も多くいらっしゃいます。
旅行に行く場合も、行き先で写真を撮ったりするので、その前には親知らずは抜かないようにしましょう。

■食事はできる?
食事ができるかどうか心配に思われる方がいらっしゃるかもしれません。
施術内容によって医師の指導に従っていただきたいのですが、基本的には食事をすることは可能です。

親知らずを抜いた後は傷口がかさぶたになっている状態なので、そこに負担をかけない範囲であれば大丈夫なのです。
硬いものを食べるときなどは極力反対側で噛んで、食べ物が詰まった時は水で軽くゆすいで詰まりを落とします。

無理に触ると傷口が開いたりして出血してしまうかもしれないので、物が詰まって取れない時は病院に行きましょう。

術後、親知らずを抜いた周りの頬が青くアザになってしまうことがあります。
これは治療を行った部分で内出血が起きてしまっているためで、色素の薄い女性などに良く起こるものです。
アザ自体は1週間ほどでなくなりますので、落ち着くまで待ちましょう。

-----------------------------------------------------------------

dentaltools.jp歯科用LED光重合照射器歯科診療用トレーテーブルなどを販売している中国一流のオンラインサプライヤーです。お客様に迅速・効率のあるサービスを提供しております。