認知症予防にも歯周病対策を

歯周病とは
歯周病は、歯の周りの組織がプラークという細菌の塊によって破壊されていく病気です。細菌が引き起こす炎症性疾患で感染症でもあり、糖尿病や呼吸器系疾患など全身に様々な影響を及ぼします。

若いから大丈夫と思っている方もいるかと思いますが、歯周病は子供から大人まで幅広い年齢の人がかかっています。歯周病は国民病とも呼ばれ、全国民の約80%程が歯周病を抱えているとも言われています。

しかし、歯周病は沈黙の病気とも言われ、初期段階では自覚症状がほとんどなく見過ごされていることが多く、問題視していない人も多くいます。

歯周病を予防するには
歯周病を予防するためには「プラークコントロール」が大切です。プラークコントロールはお口のプラーク(細菌)の量を減らすことを指します。お口のケアというと歯磨きだけの様に思いがちですが、それだけではありません。歯科医院や⾃宅で行うプラークコントロールをご紹介します。

歯磨き指導

プラークコントロールには毎⽇の正しい⻭磨きが最も重要です。しかし正しい⻭磨きができている⼈は少なく、⾃⼰流で磨いている⼈が多いのではないでしょうか。

⻭並びや磨き⽅の癖、⼒加減など、⻭科医院ではひとりひとりに合った⻭磨き指導を行います。⻭磨きをしっかりマスターして、プラークコントロールの効果をアップさせましょう。

プロによるお口のメンテナンス

磨き残したプラークは⻭⽯となり、⻭磨きだけでは取り除くことができませんので、歯科医院でのプロによるケアが必要です。専用の器具でしっかり汚れを取り除くことで、プラークが付きにくいお⼝の環境を保つことができます。

しかしながら清潔なお⼝の環境はずっと保てるわけではありません。どうしても日々の磨き残しなどが出てきてしまいますので、⼀度メンテナンスを受けたからと⾔って安⼼するのではなく、定期的に継続してメンテナンスを受けることが⼤切です。

生活習慣の指導

バランスの悪い⾷事や睡眠不⾜などにより、⾝体の抵抗⼒や免疫が落ちることによってプラークの活動が活発になってしまいます。生活習慣がお口の環境にも大きくかかわってきますので、規則正しい生活を心がけましょう。

自宅でのプラークコントロール

歯磨き

食べたら磨くことを意識しましょう。歯科医院での歯磨き指導で正しい⻭磨き⽅法をマスターしておくと良いでしょう。歯ブラシの毛先が開いてしまっていると、せっかくの歯磨きの効果が落ちてしまいます。歯ブラシは⽉に1回は交換するようにしましょう。

歯ブラシ以外のケアアイテムの活用

⻭と⻭の間など⻭ブラシだけでは磨きにくい部分がどうしても出てきます。⻭間ブラシやフロスなどを併⽤し、しっかり汚れを取り除きましょう。洗⼝液やキシリトールも併せて使⽤するとより効果的です。

規則正しい生活

お⼝のケアも必要ですが、やはり規則正しい⽣活が⼤切になってきます。バランスの取れた⾷事やしっかり睡眠をとり、免疫⼒・抵抗⼒をアップさせて細菌が活動しにくいお⼝の環境を整えましょう。

食事の際にもよく噛んで食べるなど、少し意識するだけでも変わってきます。

早期発見早期治療を
歯周病は早期発見早期治療が大切です。そのため、歯科定期健診を受けることをお勧めしております。

すでに歯周病になってしまった場合でもしっかり治療をすることで、歯を失うリスクを減らすことができます。

------------------------------------------------------------

dentaltools.jp歯面清掃用ハンドピース超音波スケーラーなどを販売している中国一流のオンラインサプライヤーです。お客様に迅速・効率のあるサービスを提供しております。