着色ってなに?

歯の着色が気になっている方はいませんか?

着色の原因は何なのでしょうか。また取る方法、付かないようにするにはどうしたら良いのでしょうか。

まず、歯の着色の原因はいくつかに分かれます。

はじめに外部からの着色です。

お茶.紅茶.コーヒー.ワインなどに含まれる色素が歯の表面に沈着する事で起こります。これをステインと呼びます。タバコを吸われる方はヤニが付いてきます。

次に加齢による黄ばみです。

歯の表面を覆っているエナメル質が加齢に伴って磨耗することで、内側にある象牙質が透けてみえてくるためです。

初期虫歯によって逆に白くなることもあります。初期虫歯では、歯の表面が脱灰することによってホワイトスポットといって歯が部分的にザラつき、白くなります。ホワイトスポットが進行していくと、よく知られている黒っぽい虫歯になります。

最後に抗生物質による変色です。これはテトラサイクリン系の薬の服用により歯が茶色く変色することがあります。

外部からの着色(ステイン)を付着させないようにするためには表面を傷つけないことと飲食後の習慣が重要です。

歯の表面を歯磨き粉で強く磨いてしまうと、細かい傷がつきます。するとその細かい傷に細菌や汚れがつきやすくなり、その傷にステインが沈着してしまいます。

お茶やコーヒーなど原因となるものを飲食した後に強めにうがいを心がけることで、多少のステインを洗い流し沈着を防ぐことができます。夜寝ている間は唾液の分泌が少なくなるため着色が付きやすくなります。寝る直前や夜中起きた時のお茶などの水分補給は避け、水をお勧めしています。

他にもご自宅でできることがあります。

「歯を白く」や「ステイン除去」と書かれた歯磨き粉を選択してみると良いです。ですが、一般的な歯磨き粉は研磨成分が多く含まれることが多く、少なからず歯の表面に傷が付いてしまいます。

--------------------------------------------------------------

dentaltools.jp歯科用光重合照射器寒天印象材溶解撹拌機などを販売している中国一流のオンラインサプライヤーです。お客様に迅速・効率のあるサービスを提供しております。