歯磨きは、いつするのが本当は効果的でしょうか?

最近まで『歯磨きは、食べたらすぐ磨くと言うのが常識だったと思います。
確かに食べ物を食べたら歯が汚れるのですぐ磨いた方がスッキリするし、いい感じがしますよね!
そこで患者さんに歯磨きをして何を取っていますか?と質問をすると、ほとんどの人が『食べカス』と言います。
では質問を変えて外で遊んだ後に手を洗ったりうがいをしますよね、それって実は何を取っているのですか?と質問をすると、だいたいの人は菌を取っていると答えます。
正解です。

歯磨きは食べカスを取っているのではありません。
逆に言うと食べカスでは、虫歯や歯周病になりません。
私たちは歯磨きでバイ菌を取るのが目的です。

そう考えると、一番効果的な歯ブラシの時間と言うのは、お口のバイ菌は寝ている間に一番増える(唾液が出ないため)と言われています。
増える原因のバイ菌を減らしておく為に寝る前と、一番増えている起きてすぐ(食事の前)が一番効果的ということになります。
起きて食事をした後ではお口の中に増え続けたバイ菌を食事と一緒に飲み込んでいることになります。

ちなみに、歯垢1グラム中に1,000億個以上のバイ菌が生息していると言われています。これはウンチの中の菌の数より多い数値です。
歯垢の中にいるバイ菌はお口の中の虫歯や歯周病の原因にもなりますが、心筋梗塞や糖尿病などにも関係していることが分かってきています。
朝起きてすぐ歯を磨くことでインフルエンザになりづらくなるとも言われています。 これからは、就寝前と起床してすぐの歯ブラシを習慣にしましょう。

--------------------------------------------------------

dentaltools.jp歯科診療用トレーテーブル紫外線uv殺菌灯などを販売している中国一流のオンラインサプライヤーです。お客様に迅速・効率のあるサービスを提供しております。