歯ぎしり

自分ではなかなか気づきにくい歯ぎしり。
歯ぎしりは睡眠の妨げになるだけでなく、歯や顎などに悪影響を与えます。
歯ぎしりをしている人の割合は高いとされ、自覚していない人は少なくありません。

睡眠中の歯ぎしりは、だれにでもみられる現象です。健康な人でも疲れているときなどには、
ひと晩に1回くらいは歯ぎしりをしますが、通常は10分か15分程度で収まります。
ところが歯ぎしりが常習の人の場合、毎晩のように、それも1時間以上も続くことがあります。
しかも、非常に強い力(人によって違いはありますが、ガムを噛むときの数倍~10倍程度)で歯をこすり合わせています。

今回は歯ぎしりのリスクについて!

そもそも歯ぎしりはナゼ起こるのか?

歯ぎしりの原因は明確になっていませんが、一般的にはストレスや歯並びの乱れ、咬み合わせ不良などが要因と考えられています。
肉体的・精神的なストレスがたまると、無意識に歯ぎしりをすることによって発散していると言われています。

口腔内の悪習癖(ブラキシズム)の種類

ブラキシズムは、主に次の3つに分類されます。

①歯のすり合わせ(グラインディング)
一般に歯ぎしりといわれるもので、強い力で上下の歯を横にすり合わせる症状。

②歯の噛みしめ(クレンチング)
音はほとんどしませんが、強い力で歯をくいしばる症状。音がしないので気づきにくく発見が遅れやすいです。

③歯を鳴らす(タッピング)
上下の歯を合わせてカチカチな鳴らす歯ぎしりです。歯をリズミカルにカチカチと合わせるのがタッピングの大きな特徴です。

歯ぎしりなどのブラキシズムは、眠っている時だけでなく起きている時にも行っていることがあります。
気づいたら歯を食いしばっていた・カチカチと歯を咬み合わせていた、ということは珍しくありません。
眠っているときは無意識ですが、起きているときに行っていることに気づいたならば意識的に行わないようにすることが大切です。

歯ぎしりによる悪影響

歯周病が悪化する
歯ぎしりをつづけていると歯周病が悪化しやすくなります。歯周病は歯と歯肉の境目に細菌が溜まり、歯肉が炎症を起こして腫れて赤くなります。
歯ぎしりをすることによって歯の根元に強い力が加わり、歯と歯茎の隙間が拡大します。
そして隙間に細菌が増殖しやすくなり歯周病が悪化してしまうのです。

②知覚過敏を発症する
また歯ぎしりをすると歯の表面のエナメル質が削られます。するとエナメル質の中にある、柔らかい象牙質という部分が表面に出てきます。
この象牙質は刺激に弱いため、冷たいものなどを食べるとしみるようになります。

顎関節症を引き起こす
歯ぎしりをするときに上下の歯にかかる力は通常の食事の際の力に比べて非常に強いため、
顎関節にかかる負担が大きくなります。これが顎関節症の原因になることがあります。

④頭痛や肩こりを引き起こす
歯ぎしりや食いしばりをする時、顎から頭の横へと広がっている筋肉、側頭筋(そくとうきん)という筋肉が使用されます。
歯ぎしりをすると側頭筋が緊張し、頭が締め付けられているような頭痛が起きます。
また歯ぎしりの時に使われる多くの筋肉は顎、首、肩へと繋がっています。
そのため歯ぎしりをすることによってそれらの筋肉が緊張し、肩の筋肉が強張り肩こりになってしまうのです。

-----------------------------------------------------
dentaltools.jpデジタルワックスペン集塵機(集じん機)などを販売している中国一流のオンラインサプライヤーです。お客様に迅速・効率のあるサービスを提供しております。