あらかじめ舌苔を予防する

ドライマウスを予防する

自然な鼻呼吸を習慣化する

口呼吸が癖になっていると、ドライマウスのリスクが増大します。常に口を半開きにしていると、口腔内が乾燥するからです。本来、何事もないときには口を閉じて、鼻で呼吸をするのが正しい姿です。口呼吸が癖になっているなら、閉口テープなどのグッズを使って、自然な鼻呼吸を習慣化しましょう。

噛みごたえのある食べ物をしっかり噛む

唾液の量は、常に一定ではありません。食事中に増加し、何も食べていないときに減少します。さて、唾液の量が増えるトリガーは、「噛むことによる唾液腺への刺激」です。しっかり噛むことで、唾液の増加が促されるのです。やわらかいものばかりではなく、噛みごたえのあるものをしっかり噛むことが、ドライマウス予防につながります。

 

舌の筋力を維持・向上する

健康であれば、過剰な舌苔が付着することはありません。舌が唾液で洗われますし、「硬口蓋との摩擦」で清掃されるからです。硬口蓋というのは、「口の天井」に相当する部位です。本来、何事もないとき、舌は硬口蓋に密着する位置にあります。結果、自動的に「硬口蓋との摩擦による清掃」がおこなわれるのです。

----------------------------------------------------
dentaltools.jp歯科手術用無影灯サンドブラスターなどを販売している中国一流のオンラインサプライヤーです。お客様に迅速・効率のあるサービスを提供しております。