被曝量は大丈夫? 歯科医院で「X線写真を撮りましょう!」と言われた

X線写真を撮る一番の理由は肉眼で見えないむし歯や歯周病を発見することです。内臓などと違い、「口の中は外から見えるので、歯科医師だったらわかるだろう」と思うかもしれませんが、実際にはそうではありません。

 

例えば歯と歯の間にできたむし歯。歯の表面には一切、異常はなく、きれいなのにX線で撮影すると奥のほうで、まさに虫がリンゴの中をかじったように歯が侵食され、大きな穴が開いているのが見つかり、驚くことがあります。(口腔内カメラ

 

X線写真では歯や骨(歯槽骨)は白くうつり、むし歯になった部分はカルシウムが減ってスカスカになるために薄く、黒っぽく見えます。しかし、初期のむし歯はX線写真でもなかなか見つけにくいです。

 

歯周病は進行すると歯を支えている歯槽骨が失われていきます。歯周ポケットの深さを調べることである程度の予測はつきますが、X線写真の結果と総合することで、より進行具合がわかります。歯槽骨がかなり深いところまでなくなり、複数の歯が喪失寸前、というケースも決して珍しくありません。

 

X線写真では健康な歯の場合、エナメル質(歯の白い部分)が終わるあたりから1ミリくらい下に歯槽骨があり、これが白く見えます。一方、歯周病で歯槽骨が失われているとこの部分が黒く抜けてしまっているのです。歯槽骨はあってもものすごく下のほうで、細い歯の根がかろうじて生えている様子がわかります。

 

X線写真で痛みの原因が噛み合わせの異常とわかることもあります。上下の噛み合わせが悪く、歯に異常な力がかかってゆさぶられると歯根と歯槽骨の間にあり、クッションの役割をしている歯根膜が広がっている様子が写真に映るからです。(歯科説明·実習用模型)

 

こうした所見は歯科医師の説明があれば患者さんにもわかります。ぜひ、写真をよく見て説明を受けてほしいと思います。ところでX線写真については、「できるだけ撮られたくない」という人は多いと思います。理由の一つが「放射線の被曝(ひばく)が心配」ということのようです。

 

そこで歯科のX線写真の放射線量はどのくらいなのかをあらためて調べてみました。東京都歯科医師会が量子科学技術研究開発機構(旧放射線医学総合研究所)のデータをもとに作成した資料によればデンタルX線写真(歯を1本ずつ撮る部分写真)1枚で約0.01ミリシーベルト(以下、単位省略)、パノラマX線撮影(一般的に撮られる歯の全体写真)で約0.03です。

 

しかし、例えば、飛行機に乗って東京とニューヨーク間1往復で自然界から浴びる放射線量は約0.2ミリシーベルトです。これと比較すると歯科のX線写真での被曝量はパノラマX線写真でも7分の1程度で、かなり少ないのです。

 

定期検診の場合、撮影の頻度は決まっておらず、歯科医師が決めていますが、1年に1回程度が一般的ですから、歯科だけで他にからだのX線写真やCT写真をたくさん撮っているのでなければ、ほとんど気にしなくていいでしょう。

 

ただし、むし歯ができやすかったり、歯周病が再発しやすかったりする人の場合はもっと頻回に写真を撮ることをすすめられるかもしれません。いずれにせよ、気になる場合は歯科医師に聞くのが一番です。

 

「この前、撮ったばかりなのに、また、撮るのですか」といった具合に遠慮なく、問い合わせてみてください。これまで何度も言っているように、それで嫌な顔をするような歯科医師はよい歯科医師ではありません。よい歯科医師であれば、撮影が必要な理由をきちんと教えてくれるでしょう。