歯科治療における金属アレルギーとは何か?

歯科治療を受けることで、しばしば金属アレルギーを発症する患者さんがいらっしゃいます。まさか歯科治療が原因だとは思わない方が大半で、パッチテストなどで調べてみた結果、口腔内に装着している銀歯などがアレルゲンとなっているケースも稀にあるのです…

定期健診が大切な理由

定期検診が歯にとって大切な理由 歯科医院に対して、「歯が痛くなってから行くところ」というイメージをお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。歯科医院は、歯を治療するだけではなく、虫歯や歯周病などを予防するために、定期的に通っていただくと…

子供を産むと歯が悪くなる?

昔からよく「子供を産むと歯が悪くなる」と言われています。昔から言われていることには、その経験則から生まれた言葉なので、ある意味真実であると言えます。 確かに多くの女性は出産や子育てを通じて、歯を悪くされる場合が多いのですが、世間一般で思われ…

歯間ブラシとフロスのどちらを使うべきですか?

毎日の歯磨きには、歯ブラシが必須ですよね。おそらく、歯ブラシによるブラッシングを行っていない方はいらっしゃらないかと思います。それに加えて、歯間ブラシやフロスといった補助的清掃器具を活用している人もいらっしゃいます。ただ、そこで迷うのが、…

子どもの矯正はいつから開始したらよいのか

お子さまの矯正治療をご検討中の親御さまは、いつから治療を開始したらよいか迷われている方も多いことでしょう。実際、小児矯正を始める時期は、お子さまのお口の状態によっても変わってきますし、親御さまだけで判断するのは難しいといえます。そこで今回…

コーヒーに口腔ガン予防の作用あり

コーヒーと言えばほっと一息させてくれる嗜好品です。昔から多くの人々に愛されているのが、同時に私達の身体にとっても有益な効能があります。コーヒーに含まれているクロロゲン酸、およびカフェー酸はガン発生を抑える作用が大きいことは良く知られている…

歯周病を予防するために必要なことは?

お口の中の口腔内細菌によって歯周病は引き起こされます歯周病は歯茎の炎症です。歯と歯茎の間の歯周ポケットに歯周病菌が増殖しておきます口腔ケアを怠ったりすると細菌の数が増え炎症はひどくなります 進行すると歯を失うだけでなく、細菌が歯や粘膜から血…

噛み合わせが悪くなる原因について

遺伝噛み合わせが生まれつき悪いという場合は、遺伝によるものです。親と子は歯並びや噛み合わせが似ていることがあり、親の噛み合わせが悪いと、子も噛み合わせが悪いということはよくあります。 歯周病や老化歯周病や老化によって、歯の根元が弱ってくると…

歯と栄養について

丈夫な歯を作るためにはどのような食生活に気をつけたら良いでしょうか。歯はカルシウムで出来ているから、カルシウムを摂れば良いと考えがちですが、それだけではありません。 乳歯は、お母さんのお腹の中にいる頃から歯の芽が出来始めています。お母さんは…

あらかじめ舌苔を予防する

ドライマウスを予防する 自然な鼻呼吸を習慣化する 口呼吸が癖になっていると、ドライマウスのリスクが増大します。常に口を半開きにしていると、口腔内が乾燥するからです。本来、何事もないときには口を閉じて、鼻で呼吸をするのが正しい姿です。口呼吸が…

歯が黄色く或いは黒くなる原因

灰色あるいは黄色くなっている(白い線が入っている場合もある) 妊娠中や子供の時に飲んだ薬(テトラサイクリン系抗生物質)の副作用 歯は生えてくるまでに長い時間をかけて作られます。顎の骨の中で骨の基になるものが出来、それに少しずつカルシウム等の…

歯のアフターケア方法

改善後のケア方法 やはり重要なのは、改善前と同じことをしてしまわないことです。歯医者では、あなたに合った具体的なアフターケアの方法をレクチャーしてくれます。よく聞き、日々の生活に活かしましょう。 自分で出来る方法 歯の汚れというのは、日々の簡…

歯茎の不調について

皆さま歯茎が腫れたことはありますか?歯茎が腫れるというのは、痛みの他に、咬みあわせる場合に違和感を生じたり、とても辛く、耐え難いものです。今回は、歯茎が腫れる原因の代表的な3つについてお話したいと思います。 1.歯周病まずとても多い歯茎の病気…

根管治療が必要?

1.虫歯が進行して痛みが強く出ている時 (根管長測定器) 虫歯の進行には5段階(C0~C4)あり、C3やC4の歯の神経まで虫歯が進行してしまったときに痛みが強く出てきます。痛みを取るためには麻酔をして神経を取る(抜髄)処置をする必要があります。虫歯…

自宅でできる顎関節症セルフケア

上下の歯をあたらないようにして口を閉じる 口を閉じているときに上下の歯があたっている人がいます。これは正常な状態ではありません。本来安静にしているときのお口の中は、上下の歯の間に少しすきまが開いています。 口を大きく開けすぎない・硬いものは…

歯肉炎になるとおこる症状

しみる 歯ぐきが炎症を起こしているため、熱いもの冷たいものなどの刺激に敏感になります。また歯肉炎で歯ぐきが下がってくると歯のセメント質と呼ばれる弱い部分が露出してくるので冷たいものが凍みる、いわゆる知覚過敏が起こります。 歯ぐきから血が出る…

歯周病と生活習慣の関係

不適切な歯磨き プラークを作る基となるのは、歯に付いた汚れや食べかすなどです。歯磨きをしっかりしないと、その汚れや食べかすに細菌が繁殖してプラークができやすくなり、歯周病が進行する原因になります。 よく噛んで食べない よく噛んで物を食べること…

噛み合わせも歯列矯正で直せるんですか

歯並びはきれいなのに歯列矯正? 嚙み合わせは悪いけれど、歯並びは良いから歯列矯正は必要ないのでは、と考える人も多いのではないでしょうか。歯列矯正は、歯並びを整えて見た目を良くすることだけが目的ではありません。きちんとした噛み合わせを作ること…

歯磨きをし過ぎてもダメ!? 歯科医師が答える「口臭Q&A」4つ

そこで今回は、神奈川県の『大船駅北口歯科』の院長で、口臭治療も専門的に行う杉山貴志先生に聞いた口臭に関するお話を、クイズ形式でまとめました。ぜひともチェックしてみてくださいね。 ■1:口臭に年齢や季節は関係ある? 口臭に年齢は関係あるのでしょ…

歯が黄ばむ5つの原因について

貝のような白い歯はあなたの形象を高めることに役立つ。でも、日常生活中で、特別に歯に保養することを気をつけて、歯が白くなリやすいと思っている人々が多い。なぜだろうか?以下は歯が黄ばむ要因を気がつかないでしょう。 カルシウム欠乏 歯も骨骼から重…

タービンハンドピースをメンテナンスする3つの誤解について

タービンハンドピースをメンテナンスする誤解一 問題:どこが問題があれば換えるほうがいい? タービンハンドピースの構造は極精密だから、特にムーブメント、単独な部品を換えない。厳しく言えば、ムーブメントを着脱するたびに、一定的な硬い傷をもたらす…

どんな歯を冷光ホワイトニングでホワイトングができるか?

多くの人は冷光ホワイトニングの効果がとても顕著だ。特に歯の色素沈着や黄ばみなどの問題に対して、よい役割を果たす。では、具体的に言えば、ホワイトニング照射器はどの問題が解決できるか?専門家の説明を聞いてください。 フッ素化歯 フッ素化歯は主に…

歯を失う原因で最も多い『歯周病』とは

歯周病の原因歯周病は「沈黙の病」と呼ばれる程見逃し易い病気です。痛み等の自覚症状がなく、歯磨きで出血したりしても、つい受診を先延ばしにしているうちに手の施しようが無くなってしまうのです。その為、ご自分の歯肉の中がどういう状態なのか、治療が…

光重合照射器の光源と作用特性

1.照射の強さと均質性充足といい加減な照射の強さは樹脂単体から十分に転化され、樹脂が理想な物理性能を得る前提である。一般的には、照射の強さが高いほど固化も充分だが、新型歯科LED照射器の照射強さもう5000mW/cm2を超えている。高強度な照射は光源が歯…

なぜ、再発してしまうのか?

根管治療で悩まれている方は多くいます。(根管長測定器 ) 「どうしても歯を残したいが、他院で抜歯と言われた」「治療しても治療しても再発してしまう」 こんな結果になってしまうのはなぜでしょうか? この理由としてよく上げられるのが、日本の保険制度…

セラミックスの特徴

セラミックス・ハイブリッドセラミックスは、天然のような白く美しい歯を再現します。(セラミックブラケット(ブレース))長年の使用にも耐えられる素材です。 NATURE 身体に優しい。金属を使用しないので、金属アレルギーの心配はありません。※治療内容によっ…

主な審美歯科治療

オールセラミック 补缀物のなかには金属を使ったものもありますが,オールセラクックには金属が使われていないため。金属を使天然补缀物であれば,歯茎が痩せると金属部分が露出するようになり,金属イオンの作用によって歯茎が黒っぽく変色することがありま…

速い矯正治療

速い矯正治療の概念 従来の矯正装置は、小さな輪ゴムや針金(赤い部分)でワイヤーを縛ることで摩擦が発生するため、かなり強い力を加えなければならないうえに、頻繁な調整が必要とされていました。(歯科矯正用製品) 速い矯正治療は、ワイヤーが自由に動…

歯科高速ホントピースの保養についてお知らせ

1.毎回はタービンハンドピースをする前に、真剣に設備を検査して適用できるまた操作できるかどうか。使用前に、水圧、気圧には産品の使用要求(説明書の水圧、気圧要求を参考する)に合うかどうかを検査する。歯科標準ハンドピースは2.2KGF/CM2気圧のもとで…

ホワイトニングの簡単な問題と回答について

ホワンとニングは何だか?ホワイトニングは化学酸化性漂白薬物が歯の表面と内部に置いて、歯と化学反応を起こして歯の本色が白くなる。またはものが歯の表面をつけて歯の本色を覆って、歯も白くなる。ホワイトニングの方法は冷光ホワイトニングやレーザーホ…