むし歯は感染する!

★虫歯菌感染の窓とは!?

 生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中には、むし歯菌がいません。

むし歯菌は固い所にしか住めないので、歯のない赤ちゃんのお口にはいられないのです。
 そんな赤ちゃんに、むし歯菌が感染し始めるのは、歯が生えてくる6ヶ月ころからといわれています。

特に、生後19ヵ月(1歳7ヶ月)から31ヵ月(2歳7ヶ月)までの時期に最も感染し、定着します。この時期は「感染の窓」と呼ばれ、注意が必要とされています。
 また、むし歯の体質はおよそ2歳までに決まり、その後一生変わらないと言われています。

むし歯菌の感染が早いほど、その後に虫歯ができやすい傾向があり、2歳以前に感染した子は、2歳以降に感染した子より虫歯が多い傾向があります。

感染の窓の時期に家庭や歯科医院でしっかり感染予防ができれば、その後は虫歯になりにくくなるのです。

★虫歯菌どうやって感染するの?

スキンシップによる感染
 可愛らしいあかちゃんに思わずチューすると、むし歯菌が口から口へ感染してしまうことがあります。
食べ物の食べ移しから感染
 熱い食べ物の温度を口で確かめたり、大きな食べ物を噛み砕いてからあげると、むし歯菌の感染の原因になります。
食器の共有から感染
 大人が使ったスプーンやフォークで食べさせるときに、むし歯菌が移ってしまう可能性があります。

★感染させないための3つの工夫とは?

1)お母さんとお父さんだけでなく、同居する家族の方全員が、歯科医院でしっかりと検診や歯垢・歯石取りをしてお口の中の細菌を減らす。

むし歯や歯周病を治療し、口腔内を除菌しておく。

2)むし歯菌は、唾液を通して感染するので、食べ物を噛み砕いてあげたり、フーフーしたりしないように気を付ける。

また大人と同じ食器やスプーンで食べ物を与えないようにする。

3)お子さんは歯科医院で定期的に検診とお口の清掃をして、定期的にフッ素を塗布する。

またシーラントをしてもらい、むし歯になりやすい歯の裂溝を封鎖する。

 あまり神経質になりすぎる必要はありませんが、赤ちゃんのお母さんだけでなく、お父さんやおじいちゃん、おばあちゃんなど、家族みんなで協力して虫歯予防ができるといいですね。

------------------------------------------------------ 
dentaltools.jp歯科ポータブルデジタル式X線診断装置歯科用デジタルX線センサーなどを販売している中国一流のオンラインサプライヤーです。お客様に迅速・効率のあるサービスを提供しております。