歯間ブラシとフロスのどちらを使うべきですか?

毎日の歯磨きには、歯ブラシが必須ですよね。おそらく、歯ブラシによるブラッシングを行っていない方はいらっしゃらないかと思います。それに加えて、歯間ブラシやフロスといった補助的清掃器具を活用している人もいらっしゃいます。ただ、そこで迷うのが、歯間ブラシとフロスは、どちらを活用すれば良いかという点ですよね。

 

歯間ブラシとフロスの違いとは
歯間ブラシとフロスというのは、どちらも歯と歯の間をきれいにお掃除するための清掃器具です。目的が同じであるため、混同されがちですが、実は微妙に異なる点があります。まず、歯間ブラシについてですが、その名の通り器具の先端が「ブラシ」の形状をとっています。小さな取っ手がついていて、ブラシで歯と歯の間をお掃除する清掃器具です。次に、フロスについてですが、これはブラシの形状をとっていません。フロス自体は1本の糸でしかなく、歯と歯の間に挿入することで汚れを取り除きます。

 

歯と歯の間の隙間が広い人は歯間ブラシ

歯と歯の間に、広い隙間がある人は歯間ブラシが向いています。歯間ブラシというのは、ブラシの形状をとっているということもあり、器具自体がそれなりに太くなっているからです。そのため、一定以上の隙間がなければ、そもそもブラシを通すことができません。そして、一定以上の隙間がある人は、歯と歯の間に食べ物などが詰まりやすくなっているため、歯間ブラシによる清掃が有効であるといえるのです。

 

フロスはすべての人におすすめ
歯と歯の間に、フロスを通す程度の隙間がある場合は、毎回のオーラルケアでフロスを活用しましょう。歯と歯の間の汚れは、歯ブラシによるブラッシングで落とすことが難しく、フロスによる清掃が必要となるからです。そのため、フロスというのは年齢に関係なく、ほぼすべての人におすすめの清掃器具といえます。

 

まとめ
このように、歯間ブラシとフロスには、形態や使用目的が微妙に異なりますが、ケースバイケースで使い分けていく必要があります。こうした補助的清掃器具を活用することで、虫歯予防を強化することが可能となります。

---------------------------------------------------------------
dentaltools.jpタービンハンドピースエアーモーターなどを販売している中国一流のオンラインサプライヤーです。お客様に迅速・効率のあるサービスを提供しております。