噛み合わせが悪くなる原因について

遺伝
噛み合わせが生まれつき悪いという場合は、遺伝によるものです。親と子は歯並びや噛み合わせが似ていることがあり、親の噛み合わせが悪いと、子も噛み合わせが悪いということはよくあります。

歯周病や老化
歯周病や老化によって、歯の根元が弱ってくると歯並びが変わってきて、噛み合わせが悪くなることがあります。歯周病や老化が進むと歯並びは若い時と同じではなく、どんどんと変化していくものです。そのため、噛み合わせが悪くなってしまう場合があります。

子供の頃の癖
子供の頃に指しゃぶりや何かを噛む癖がついていると、その影響で歯が生える向きが変わってしまい噛み合わせが悪くなってしまうことがあります。また頬杖をつく癖、歯ぎしりなども噛み合わせに影響を与えることがあります。

食習慣
煮干しや小魚などを食べることが少なくなって、柔らかいものを好んで食べるような食習慣では、歯並びに影響を与えてしまい噛み合わせが悪くなってしまうことがあります。顎が小さくて細い人は見た目がすっきりしているのですが、顎が弱く噛み合わせが悪いということもあります。

--------------------------------------------------------

dentaltools.jp歯科用サクション・バキューム虫歯治療模型などを販売している中国一流のオンラインサプライヤーです。お客様に迅速・効率のあるサービスを提供しております。