根管治療が必要?

 

1.虫歯が進行して痛みが強く出ている時   (根管長測定器

虫歯の進行には5段階(C0~C4)あり、C3やC4の歯の神経まで虫歯が進行してしまったときに痛みが強く出てきます。痛みを取るためには麻酔をして神経を取る(抜髄)処置をする必要があります。虫歯菌などの細菌が侵入し変質してしまった神経を除去して、 神経の通っている穴(歯髄腔)とそれにつながる根の中の管すなわち根管の壁を少し削りながら、 全体をきれいに清掃します。

f:id:xiulase:20201123160936j:plain

2.神経が死んでしまい咬んだときに痛みや違和感がある時

虫歯や外傷など様々な原因より神経が死んでしまった場合、根管の中の死んだ神経が腐ってしまい、その細菌が根の先まで達してしまうと咬んだときに痛みや違和感が出てきます。この場合根管治療を行い痛みを取る必要があります。

3.根の先に膿がたまっている時

神経が死んで細菌に感染したまま時間が経つと根の先に膿がたまっていきます。レントゲンで根の先に黒く像が映って発見されることが多いです。また膿がどんどん出続けていくと、膿の出口として歯茎に白いできもの(サイナストラクト)ができることがあります。疲労などで身体の抵抗力が低下した時にも、細菌の力が体の免疫力に勝り、歯肉が腫れたり痛みが出ることがあります。この場合も根管治療を行い、細菌に感染した根の中を消毒しきれいにする必要があります。

 

---------------------------------------------------

dentaltools.jp歯科用ガッタパーチャカッター紫外線滅菌器などを販売している中国一流のオンラインサプライヤーです。お客様に迅速・効率のあるサービスを提供しております。