歯が黄ばむ5つの原因について

貝のような白い歯はあなたの形象を高めることに役立つ。でも、日常生活中で、特別に歯に保養することを気をつけて、歯が白くなリやすいと思っている人々が多い。なぜだろうか?以下は歯が黄ばむ要因を気がつかないでしょう。

カルシウム欠乏 歯も骨骼から重要な部分だ!体内のカルシウムが流失したとき、歯の硬度が大きに低下し、食物に吸収力が強くなり、色素沈着を形成し、歯が黄ばむようになる。そのため、定時にカルシウムとビタミンDを食べ、体内で高品質カルシウムの合成を助ける。なお、郊外へ行って日光をすれば、歯はカルシウム元素の吸収が助けられるのを忘れない。

ミネラル・ウォータを飲む。一方では、歯のが増し、丈夫になる。他方では、歯がだんだん黄ばむになる。ミネラル・ウォータの中では大量のフッ素が含まれるから、飲みすぎると、あなたの白い歯は黄ばむになる。アメリカの口腔専門家は「毎日、人々はともかくも1000ミリリットル湯を飲んで、そのミネラル・ウォータを摂する量は300ミリリットル水を超えない。残った700ミリリットル水は純水また水道水が選択できる」という。

歯ブラシが硬すぎる 洗浄の効果といえば、硬い歯ブラシは柔らかい歯ブラシよりよい。でも、硬い歯ブラシは大きに歯を損なって、いつも使用すれば、歯の琺瑯に損害をもたらし、色素沈着をする。常に硬い歯ブラシを使う人には、歯が丈夫だけど、顔色が白くない!それで、あなたは硬いと柔らかいという違う歯ブラシを準備しておく。3日ごとに硬い歯ブラシを使い、プラークを完全に洗浄する。生理日で硬い歯ブラシを使わない!あの時に身体代謝は不安定だが、琺瑯質を損害しやすい。

コーラを飲む。コーラの成分はシロップと二酸化炭素だ。飲みすぎると、糖分が歯の表面に沈着し、歯の色は黒くになる。研究によると、毎日は1リットルのコーラを飲めれば、二年後、歯の表面の一半の琺瑯質が酸に腐食した。炭酸飲料なら、濃い色のコーラは歯の損ないが大きく、オレンジ炭酸飲料がその次だ。一般的に言えば、顔色は薄ければ薄いほど安全から、透明色のスプライトを選ぶことをお勧めします。

カレーを食べること。最近のアメリ歯科医師協会は「歯の染色ランキング」を指した。カレーの主要の成分として姜黄はニュチンより多くて、第一位となる。その成分は歯に影響が大きい。研究によると、姜黄は歯に染色する作用が不可逆だろう。確かに「ホワイトニングキラー」と言ってもいい。あなたは辛いことが好きであれば、染色の作用が弱いグリーンカレーを選んだ方がいい。染色の作用が強く赤いカレーと黄色カレーを避ける。

-------------------------------------------
dentaltools.jpオートクレーブ超音波洗浄器などを販売している中国一流のオンラインサプライヤーです。お客様に迅速・効率のあるサービスを提供しております。