歯を失う原因で最も多い『歯周病』とは

歯周病の原因
歯周病は「沈黙の病」と呼ばれる程見逃し易い病気です。痛み等の自覚症状がなく、歯磨きで出血したりしても、つい受診を先延ばしにしているうちに手の施しようが無くなってしまうのです。その為、ご自分の歯肉の中がどういう状態なのか、治療が必要なのかどうかを知るには、歯周病の検査できちんと調べる必要があるのです。症状の進行の程度によって「歯肉炎」と「歯周炎」に分けられます。

  • 歯周病の悪化につながる生活習慣
  • 不規則な生活
  • 睡眠不足/疲労
  • ストレス
  • 食生活
  • 喫煙  

など


歯周病の進行と症状(歯科治療器具
歯肉炎 …
歯周病の初期症状。歯肉の腫れだけで済んでいます。歯磨きと歯石取りで炎症を止めればすっかり元の健康な状態に戻ります。(口腔内カメラ

歯周炎 …
歯を支える歯周組織がすでに破壊され始めている状態をいいます。歯磨きと歯石取りで炎症を治し病気の進行を止めますが、残念ながら失われた歯周組織は元どおりにはなりません。ただし、早期に気づいて炎症を止め、再発を防いで維持すれば、歯をしっかりと守っていくことが出来ます。

こんな症状にご注意ください
歯ぐきに違和感がある(むずがゆい など)
歯ぐきが赤い/腫れぼったい
歯ぐきから出血がみられる
食べ物が噛みにくい
歯がグラグラ揺れる


歯周病と口臭の関係
口臭の原因のおよそ90%はお口の中に潜んでいますが、その中でも特に関連性が高いとされているのが歯周病です。

歯周病の原因菌の多くは、「卵が腐ったニオイ」「生ゴミのニオイ」と表現されるほど強い臭気を持つ揮発性ガスを発生させます。そのニオイは歯周病が進行するほど強くなり、歯周病の治療をはじめないかぎりその口臭は改善されません。

ご自身またはご家族の口臭が気になる方は、ぜひ一度、歯周病のチェック・治療を受けてみることをおすすめいたします。


歯周病とメンテナンス
「治療が終わった」と油断していると、歯周ポケットの中にまた歯石が付き、治療がイチからやり直しになってしまいます。何度も通ってしっかりと治療を終えホッとしたら、今度は治療のためでは無く、歯周ポケットの中まできれいに出来るプロのクリーニングを受ける為に、定期的に医院においでください。

治療の終わりは再発予防の始まりです。歯科医院との新たなお付き合いをスタートさせましょう。