歯科高速ホントピースの保養についてお知らせ

1.毎回はタービンハンドピースをする前に、真剣に設備を検査して適用できるまた操作できるかどうか。使用前に、水圧、気圧には産品の使用要求(説明書の水圧、気圧要求を参考する)に合うかどうかを検査する。歯科標準ハンドピースは2.2KGF/CM2気圧のもとで、その回転速が40000r/minを達したら、歯ぎしの理想な効果をあげる。操作ときに、気圧は2.5KGF/CM2を超えたら、ベアリングの使用寿命も影響を受ける。

 

2.気源と水源は清浄でなければならない。もし気源と水源は理想でなければ、排出口とコレットの中で汚れものに淀まれやすく、ハンドピースの品質に影響し、ベアリングの非正常な磨損を起こして使用寿命を縮んでいる。

 

3.正規なメーカーから標準歯科用バーを使用してください。歯科用バーの柄の直径は1.59mmから1.60mmまでがあり、歯科用バーの総長さが26mm(1.02")(ミニなハンドピースは短い歯科用バーを使うわけだ)を超えないわけだ。曲がり、変形、損傷と汚れのようなバーを使わない。

 

4.ターイハンドピースは正常に運転するために、バーが十分にムーブメントを挿入する。そうしなければ、ムーブメントが損傷を受けるまたはバーが飛び出すから怪我をしている。

 

5.使用時間は2時間を超えると、他のハンドピースを換える。

 

6.毎回は使用後また消毒前に、専門的なハンドピース清潔潤滑油で清浄し、潤滑する。「宇森医療専門なハンドピース清潔潤滑」をおすすめている。

 

7.ハンドピースが長い時間で使った、振動、雑音、回転速度が低く、無力また挟まらないなどの現象が出現したら、新しくて同類なムーブメントを換えてください。即刻にムーブメントを換えないと、意外な傷害をしているかもしれない。


出典: 歯科高速ホントピースの保養についてお知らせ