インプラント治療の流れ

STEP1 診査と治療計画

f:id:xiulase:20190830180025g:plain

失われた歯の数、インプラントを埋め込む骨の硬さ、大きさ、位置により、治療法には様々な選択肢があります。歯にかかる力の方向や強さはもちろん、患者さんに無理のない衛生管理などを含め総合的に検討した上で、治療計画が立てられます。(歯科用インプラント装置)


STEP2 一次手術

f:id:xiulase:20190830180046g:plain
あごの骨にインプラントを埋め込みます。


STEP3 治癒期間

f:id:xiulase:20190830180106p:plain



一時手術後、3~6カ月の治癒期間をおくことで、インプラントと骨が強い力で結合します。
(オッセオインテグレーション)。この期間、仮の歯を使用できる場合もあります。

 

STEP4 二次手術

f:id:xiulase:20190830180121g:plain
歯ぐきを開いて人工の歯を取り付ける準備をします。この状態で、歯ぐきが治るまで1~6週間おきます。

STEP5 人工の歯を作製・装着

f:id:xiulase:20190830180143g:plain
歯ぐきが治った時点で型を取り、人工の歯を作ります。形や色などは患者さんに合わせて作製し、インプラントに取り付けます。

 

STEP6 メンテナンス・定期検診
インプラントで治療した部分に限らず、口の中を衛生的に保つ必要があります。ブラッシングの方法などについて適切な指導を受け、また半年に1回程度の定期検診を受けて、インプラントや人工の歯の状態、噛み合わせを確認します。

 

インプラント治療で気をつけるべき事
最初の診査診断が適正に行われないままでインプラントを勧める。インプラント治療は急ぐ必要がありません。先ずは診査をしっかり行ってから契約しましょう。では、どんな診査が必要なのでしょう?

1.レントゲン診査
2.咬合診査
3.精密歯周組織検査
4.血液検査
5.基礎疾患診査
6.CTによる3Dバーチャルプランニング
7.ガイドを用いた埋入手術

 

これを踏まえたカウンセリングをした上で初めて治療を行う契約を行ってから治療を行う事でトラブルを最小限にすることが出来るのです。

 

そして、綿密な治療計画の後にインプラントを植えるために適した環境を初期治療で整えた上でインプラント手術の施術に入ります。初期治療をしないままでインプラントを行う事はあり得ません。


口腔環境が整わないままで施術を行うと後にインプラント体に感染が起こりやすくなってしまいます。(口腔内カメラ