歯肉炎になるとおこる症状

しみる
歯ぐきが炎症を起こしているため、熱いもの冷たいものなどの刺激に敏感になります。また歯肉炎で歯ぐきが下がってくると歯のセメント質と呼ばれる弱い部分が露出してくるので冷たいものが凍みる、いわゆる知覚過敏が起こります。

歯ぐきから血が出るけど痛くない
歯を磨いたり、リンゴのような歯に力がかかる物を食べた時に出血することがあります。初期では痛みは感じないレベルがほとんどです。歯ぐきの血管は繊細で弱いです。歯ぐきが炎症を起こすことで柔らかくなり、出血しやすくなります。(歯科 バイブレーター

f:id:xiulase:20180809154446j:plain

歯ぐきの色が赤黒くなる
健康な歯ぐきはピンク色をしています。しかし炎症が大きくなり歯ぐきと歯を結ぶ歯根膜にまでおよんでしまうと歯ぐきの血流が悪くなり歯が赤黒くなってきます。形も丸みをおびてぶよぶよになってきます。

口臭が強くなる
歯ぐきが腫れて歯周ポケットが深くなると、そこにたまった細菌が腐敗臭を出すようになります。その腐敗臭と血の混ざったようなにおいが口臭としてでてきてしまうのです。(歯科用マイクロスコープ