矯正治療の痛みについて

ブラケット矯正による痛み

ブラケット矯正では、歯の動きをワイヤーで促すために、少しの痛みが生じます。痛みのピークは治療開始の夜、もしくは翌日の夜です。またワイヤーやブラケットが口腔内を傷つけるケースもあり、とくに運動を頻繁におこなう人は痛みが顕著になる傾向があります。(歯科用バイブレーター

f:id:xiulase:20170925122809j:plain

マウスピース矯正による痛み

マウスピースで歯が圧迫されるように感じ、装着直後は締め付けられるような痛みがあります。こちらも痛みのピークは治療開始の夜、もしくは翌日の夜です。

治療開始から2日を過ぎると徐々に痛みに慣れてくる

痛みのピークを過ぎると、痛みに慣れが生じます。治療開始から2日を過ぎた頃には慣れを感じてくるはずです。

痛みがなくなるというわけではなく、痛みの感じ方が変わるイメージです。そうなると日常での違和感や不快感が気にならなくなってきます。(歯科用マイクロスコープ