かかりつけ歯医者で定期検診を受けましょう

定期検診の必要性

かかりつけ歯医者での定期検診は、継続して受けることが大切です。すでに歯周病の治療が終わっていても、いつ再発をするかわかりません。しかし、定期検診を受けることによって再発をしてもごく初期で防ぐことができます。また、歯医者による定期チェックで初期のむし歯を発見することもあるでしょう。いずれにしても、口内環境を適切に保ち、歯周病を予防するためにも定期検診には忘れずに通ってください。(遠心鋳造機

f:id:xiulase:20170623122610j:plain

定期検診の内容

歯医者での定期検診では、主に以下のことを行います。

口内環境のチェック
歯石の除去(歯科実習用模型
ブラッシング指導
なお、定期検診で異常があった場合は、改めて治療開始となります。

定期検診の頻度や回数について

定期検診は、3か月もしくは6か月ごとに行うのが理想的です。歯周病は、再発や進行しやすい病気なので、定期検診によってチェックを行う必要があります。定期検診は、プロの歯医者のケアを受けることができると考え、積極的に利用しましょう。口臭で悩みたくないのなら、歯周病ケアのための定期検診はこまめに通うことをおすすめします。