治療後に歯がしみるとき

1.しみる場所

ほとんどの場合、治療を行った歯がしみます。特に、神経のある歯の治療を行うケースに、しみる場合が多いようです。歯の治療は一時的に大きなダメージを与えるため、神経が回復するまで時間がかかります。回復すれば、自然としみることもなくなるでしょう。(コントラ歯科

2.痛みの具体的な症状

歯の神経に刺激を与えることで起こる症状です。甘いものや冷たいものなどの食べものを口にしたときや歯磨きをするときなど、少しの刺激が痛みを引き起こします。歯の神経が回復すれば症状もやわらぐため、長く傷みが続くわけではありません。

3.しみる以外の症状とは

歯のしみや痛み以外にも、冷たい空気に触れることで痛みが伴います。しみる以外に、治療した部分の歯茎が腫れあがることもあるでしょう。赤く腫れあがった場合は、炎症を抑えるために保冷剤をタオルで包んで患部付近を冷やしてください。腫れが引かない場合は歯医者で診てもらいましょう。

f:id:xiulase:20170609154743j:plain

4.考えられる病気

治療後、歯の神経が過敏になっているため、間違った対処をしてしまえば悪化する可能性があります。歯のすき間から菌が侵入して虫歯・歯周病などの病気にかかる可能性もあるのです。痛みが強すぎる場合は、歯の神経を抜くこともあるため、正しい方法で対処しなければなりません。(ストレートハンドピース

5.主な原因

治療後に歯がしみる原因は、神経が過敏になっていることです。2~3日で痛みやしみが消えるケースが多いため、できるだけ安静にしておきましょう。1週間経過しても症状が治まらない場合は、誤った治療が考えられます。歯医者側の過ちによって、治療にミスがあった可能性も否定できません。