定期健診が大切な理由

定期検診が歯にとって大切な理由

歯科医院に対して、「歯が痛くなってから行くところ」というイメージをお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。歯科医院は、歯を治療するだけではなく、虫歯や歯周病などを予防するために、定期的に通っていただくところです。ここでは、定期検診が歯にとって大切な理由を春日部市武里の歯医者、やまもと歯科が分かりやすく解説いたします。

◆虫歯や歯周病を予防することが大切

虫歯と歯周病は、どちらも進行すると歯を失う原因となる病気です。早期に治療することで、歯への悪影響を抑えることができます。しかし、普段から口の中をすみずみまでチェックすることは難しいため、気がつくと症状が進行していることがあるのです。

定期検診は、このような事態を防ぐために受ける必要があります。

◆定期検診で虫歯や歯周病を早期発見できる

患者様のお口の中をすみずみまで診察し、虫歯や歯周病、歯のトラブルの有無などをチェックします。そこで、初期の虫歯や歯周病などを発見できれば、早期治療が可能となるのです。

◆定期検診で虫歯や歯周病のリスクを抑えられる

定期検診では、お口の中の診察だけではなく、歯のクリーニングやブラッシング指導を行います。

・歯のクリーニング

スケーラーという器具で、歯についた歯垢などの汚れを取り除き、虫歯や歯周病のリスクを抑えるケアをします。また、歯の着色汚れも落とすことができます。タバコのヤニや茶渋などで歯が汚れている場合は、クリーニングを受けていただくことで、白い歯を取り戻すことが可能です。

・ブラッシング指導

虫歯や歯周病を防ぐためには、定期検診を受けていただくだけではなく、ご自宅で継続的にブラッシングをしていただく必要があります。また、ただ磨くのではなく、歯についた歯垢や汚れを落とせるように、正確かつ丁寧に磨くことが大切です。

しかし、正しく磨けているのかどうかわからない方もいらっしゃいます。ブラッシング指導では、歯の染め出しも行うため、磨けていない部分を把握いただけます。

◆まとめ

定期検診を受けていただくことで、虫歯や歯周病のリスクを抑えられます。ただし、日ごろからブラッシングを徹底していただく必要もございます。定期検診では、患者様の歯の健康を守れるようにブラッシング指導や歯のクリーニングを行っておりますので、ご活用いただければと思います。

----------------------------------------------------
dentaltools.jp歯科手術用無影灯ホワイトニング照射器などを販売している中国一流のオンラインサプライヤーです。お客様に迅速・効率のあるサービスを提供しております。

子供を産むと歯が悪くなる?

昔からよく「子供を産むと歯が悪くなる」と言われています。昔から言われていることには、その経験則から生まれた言葉なので、ある意味真実であると言えます。

確かに多くの女性は出産や子育てを通じて、歯を悪くされる場合が多いのですが、世間一般で思われているように「赤ちゃんに栄養を取られてしまって歯が脆くなって悪くなる」や「カルシウムを赤ちゃんに取られて歯や骨が溶けてしまって、虫歯や歯周病が悪くなってしまった」ということではないのです。これは真実ではなく、歯が悪くなるのは事実だけど、決して赤ちゃんがお母さんの骨や歯からカルシウムを吸収しているわけではないのです。

では、「歯が悪くなる」本当の理由はなんでしょうか?

理由にはいくつもの要因が絡み合っています。

①つわりなどで十分に歯磨きができない時期がある場合

②妊娠・授乳中などで歯科治療ができないと思い込み、歯科医院から遠ざかること

③子育て絵忙しく、自分のことは後回しになってしまう場合

などが考えられます。


子育ての経験則から、「親になれば子供のためなら何としても時間を作って病院に通うけれども、自分のことは後回し」というのはよく理解できます。しかしながら、お子さんの歯磨きや歯医者通いと同じように実はお母さんのお口のケアがお子さんの歯を守ることになるということをご存知でしょうか?

赤ちゃんのお口の中は最初は無菌状態です。それが葉の生え始める6ヶ月ごろから3歳くらいまでの間に周囲の大人から虫歯菌が移って定着することで虫歯ができる環境になってしまうのです。お子さんの近くにいることの多いお母さんたちのお口の中の菌の状態がその後のお子さんの虫歯のなりやすさを決定してしまうのです。

子育てでお忙しいのはよくわかりますが、可愛いお子さんのためにも、そしていつまでもお子さんの「自慢の綺麗なママ」でいるためにも、お母さんご自身の定期的なクリーニングに通っていただきたいと思います。林歯科医院にはみなさん小さなお子さん連れで通院なさっています。

お母さんの定期検診についてきて、「クリーニング中、こどもは歯医者でいつもアニメDVD鑑賞」をしていると思っていらっしゃるお母さんも多いと思います。しかし、2歳前後からはじめて歯医者に通院するお子さんに比べて歯医者に対する恐怖感が少なく、スムーズになれていただくことができます。お母さんの歯もお子さんの歯も綺麗になって一石二鳥ですね。

----------------------------------------

dentaltools.jp歯科移動式口腔外バキュームホワイトニング照射器などを販売している中国一流のオンラインサプライヤーです。お客様に迅速・効率のあるサービスを提供しております。

歯間ブラシとフロスのどちらを使うべきですか?

毎日の歯磨きには、歯ブラシが必須ですよね。おそらく、歯ブラシによるブラッシングを行っていない方はいらっしゃらないかと思います。それに加えて、歯間ブラシやフロスといった補助的清掃器具を活用している人もいらっしゃいます。ただ、そこで迷うのが、歯間ブラシとフロスは、どちらを活用すれば良いかという点ですよね。

 

歯間ブラシとフロスの違いとは
歯間ブラシとフロスというのは、どちらも歯と歯の間をきれいにお掃除するための清掃器具です。目的が同じであるため、混同されがちですが、実は微妙に異なる点があります。まず、歯間ブラシについてですが、その名の通り器具の先端が「ブラシ」の形状をとっています。小さな取っ手がついていて、ブラシで歯と歯の間をお掃除する清掃器具です。次に、フロスについてですが、これはブラシの形状をとっていません。フロス自体は1本の糸でしかなく、歯と歯の間に挿入することで汚れを取り除きます。

 

歯と歯の間の隙間が広い人は歯間ブラシ

歯と歯の間に、広い隙間がある人は歯間ブラシが向いています。歯間ブラシというのは、ブラシの形状をとっているということもあり、器具自体がそれなりに太くなっているからです。そのため、一定以上の隙間がなければ、そもそもブラシを通すことができません。そして、一定以上の隙間がある人は、歯と歯の間に食べ物などが詰まりやすくなっているため、歯間ブラシによる清掃が有効であるといえるのです。

 

フロスはすべての人におすすめ
歯と歯の間に、フロスを通す程度の隙間がある場合は、毎回のオーラルケアでフロスを活用しましょう。歯と歯の間の汚れは、歯ブラシによるブラッシングで落とすことが難しく、フロスによる清掃が必要となるからです。そのため、フロスというのは年齢に関係なく、ほぼすべての人におすすめの清掃器具といえます。

 

まとめ
このように、歯間ブラシとフロスには、形態や使用目的が微妙に異なりますが、ケースバイケースで使い分けていく必要があります。こうした補助的清掃器具を活用することで、虫歯予防を強化することが可能となります。

---------------------------------------------------------------
dentaltools.jpタービンハンドピースエアーモーターなどを販売している中国一流のオンラインサプライヤーです。お客様に迅速・効率のあるサービスを提供しております。

子どもの矯正はいつから開始したらよいのか

お子さまの矯正治療をご検討中の親御さまは、いつから治療を開始したらよいか迷われている方も多いことでしょう。実際、小児矯正を始める時期は、お子さまのお口の状態によっても変わってきますし、親御さまだけで判断するのは難しいといえます。そこで今回は、子どもの矯正を始める適切な時期について、大まかにご説明します。

▼混合歯列期がひとつの目安

子どもの矯正治療を開始する適切なタイミングというのは、大人の歯に生え変わり始めた時期がひとつの目安といえます。専門的には「混合歯列期(こんごうしれつき)」と呼ばれる時期ですね。この時期になると、歯並びや骨格の異常などがはっきり見えてくることから、小児矯正を始めるには最適な時期といえます。

▼乳歯列期でも治療が必要な場合もある

永久歯がまだ1本も生えてきていない「乳歯列期(にゅうしれつき)」であっても、場合によっては矯正治療を始めた方が良いこともあります。例えば、明らかな骨格的異常が認められる場合は、永久歯に生え変わる前の段階でも、顎の発育をコントロールする必要性が出てくるからです。

▼歯並びを悪くする口腔習癖にも要注意

お子さまによっては、幼稚園に入ってからでも指しゃぶりや舌を突き出す仕草などがなくならない場合があります。こういった口腔習癖は、「開咬(かいこう)」や「上顎前突(じょうがくぜんとつ)」、「狭窄歯列弓(きょうさくしれつきゅう)」などの異常を引き起こすことがあるため注意しましょう。そうした口腔習癖がなかなか治らない場合は、専用の装置などを用いて取り除くことも可能です。

▼まとめ

このように、子どもの矯正を始める時期としては、子どもの歯と大人の歯が入り混じる混合歯列期が適しているといえます。

----------------------------------------------------------- 
dentaltools.jp歯科用ヘッドルーペ歯科用インプラント装置などを販売している中国一流のオンラインサプライヤーです。お客様に迅速・効率のあるサービスを提供しております。

コーヒーに口腔ガン予防の作用あり

コーヒーと言えばほっと一息させてくれる嗜好品です。
昔から多くの人々に愛されているのが、同時に私達の身体にとっても有益な効能があります。
コーヒーに含まれているクロロゲン酸、およびカフェー酸はガン発生を抑える作用が大きいことは良く知られている
これまでに胃がんをはじめ肝臓がん大腸がんなどで発症リスクを抑える効果があるとされていたが新たに口腔ガン、咽頭ガンに対しても効果が報告された。

医学誌「アメリカン ジャーナル オブ エピディミオロジー」に掲載された東北大学の研究チームの発表によると、同チームは40代から60代の男女約4万人に対し13年間の追跡調査を実施した。

コーヒーを飲む量によって対象を4つの郡に分けて口腔がん、咽頭がん食道がんの発症リスクを比較した
その結果コーヒーを飲まないと答えた人の口腔、咽頭、食道全て合わせたガンの発症リスクを1とすると「時々飲む」と答えた人の相対的リスクは0.54「1日一杯以上飲む」と答えた人では0.51だった。

コーヒーを飲まない郡と比べてコーヒーを飲む群の口腔がん、咽頭がん食道がんの発症リスクは5割程度低いことが判明しました。

飲酒や喫煙は口腔がん、咽頭がん食道がんの強い危険因子だと考えられているが、アルコール消費者と喫煙者の間でもコーヒーを飲む人ほど発症リスクが低くなることが示されている。

基本的には身体に良い成分が多く含まれるコーヒーではあるがカフェインやタンニンなどの成分により消化性胃潰瘍や貧血などを助長する働きもある。
飲みすぎも身体には良くないことを知って楽しんで欲しい。

f:id:xiulase:20210119154609j:plain

---------------------------------------------------------------
dentaltools.jp歯科用マイクロスコープ顕微鏡歯科用インプラント装置などを販売している中国一流のオンラインサプライヤーです。お客様に迅速・効率のあるサービスを提供しております。

歯周病を予防するために必要なことは?

お口の中の口腔内細菌によって歯周病は引き起こされます
歯周病は歯茎の炎症です。歯と歯茎の間の歯周ポケットに歯周病菌が増殖しておきます
口腔ケアを怠ったりすると細菌の数が増え炎症はひどくなります

進行すると歯を失うだけでなく、細菌が歯や粘膜から血液に入り全身をめぐって様々な病気を引き起こす怖い病気です

それでは歯周病を予防するために何が大切かというとまず第一に口腔のケア(毎日の歯ブラシ)が大切である
毎朝歯磨きをした後、鏡を見ながら歯茎や口の中の状態を観察して欲しい。
特に高齢者の場合、病気により免疫力が落ちていても朝晩の歯ブラシをして細菌の量を減らすだけで肺炎等の発症はかなり低くなります

第二に重要なのは数ヶ月に一回の定期的な歯科検診である
歯科検診によって、全身疾患の引き金になり全身状態を悪化させやすい歯周病を早期発見して早期治療する必要がある
歯周病の初期の歯肉炎の段階では赤く腫れて多少の痛みを伴うが、歯周炎に進展するとほとんど痛みが無くなる
それが歯周病が放置されやすい原因である

何故痛みを感じなくなるか?それは歯周病菌は非常に弱い細菌なのでこの細菌を食べる免疫細胞が増えると困ります
そこで歯周病菌は免疫細胞を集める情報を出す神経を断ち切って呼び集めないようにすることが出来ます
そうすることで免疫細胞に攻撃されず、増殖していきます

痛みが無いので必然的に発見が遅れます
この歯周病菌の特徴に対し歯周病を進行させないためにも痛くないときに歯科医院に行く定期健診は大切です。

定期的な歯科検診は継続することが大事であり、何でも相談できるかかりつけ歯科医師を持つことは歯の健康には欠かせない
できたら自分の通いやすい歯科医院がいいでしょう

もし歯科医院で定期検診を受診し口腔ケアをきちんとしているのに、ずっと歯茎に炎症が起きている場合は全身の抵抗力に何らかの変化が起きているか、あるいは外科的問題がおきていることが考えられます
歯科だけでなく、医科的対応(全身の検査)をしてみることをお薦めします

口腔のトラブルはまさに万病の元になります。
中でも歯周病はこれといった症状が無くても定期的に歯科医院に通院し早期発見・早期治療に勤めることが大事である

 

-------------------------------------------------------------
dentaltools.jp超音波洗浄器ホワイトニング照射器などを販売している中国一流のオンラインサプライヤーです。お客様に迅速・効率のあるサービスを提供しております。

噛み合わせが悪くなる原因について

遺伝
噛み合わせが生まれつき悪いという場合は、遺伝によるものです。親と子は歯並びや噛み合わせが似ていることがあり、親の噛み合わせが悪いと、子も噛み合わせが悪いということはよくあります。

歯周病や老化
歯周病や老化によって、歯の根元が弱ってくると歯並びが変わってきて、噛み合わせが悪くなることがあります。歯周病や老化が進むと歯並びは若い時と同じではなく、どんどんと変化していくものです。そのため、噛み合わせが悪くなってしまう場合があります。

子供の頃の癖
子供の頃に指しゃぶりや何かを噛む癖がついていると、その影響で歯が生える向きが変わってしまい噛み合わせが悪くなってしまうことがあります。また頬杖をつく癖、歯ぎしりなども噛み合わせに影響を与えることがあります。

食習慣
煮干しや小魚などを食べることが少なくなって、柔らかいものを好んで食べるような食習慣では、歯並びに影響を与えてしまい噛み合わせが悪くなってしまうことがあります。顎が小さくて細い人は見た目がすっきりしているのですが、顎が弱く噛み合わせが悪いということもあります。

--------------------------------------------------------

dentaltools.jp歯科用サクション・バキューム虫歯治療模型などを販売している中国一流のオンラインサプライヤーです。お客様に迅速・効率のあるサービスを提供しております。