歯と栄養について

丈夫な歯を作るためにはどのような食生活に気をつけたら良いでしょうか。歯はカルシウムで出来ているから、カルシウムを摂れば良いと考えがちですが、それだけではありません。

乳歯は、お母さんのお腹の中にいる頃から歯の芽が出来始めています。お母さんは妊娠前から、カルシウムはもちろん、鉄やマグネシウムなどのミネラル類や、ビタミンAや葉酸など、妊娠に必要な栄養素をしっかり蓄えておくことが元気な赤ちゃんを産むためにも、赤ちゃんの将来の歯のためにも大切になります。

近年、「新型栄養失調」という言葉を耳にするようになりました。新型栄養失調とは、摂取カロリーは足りているのにタンパク質やビタミン、ミネラルといった特定の栄養素が不足している状態を指します。自己流の食事制限ダイエットや偏食、高齢者では、麺類やお茶漬けなどさっぱりしたものだけで食事を済ませたり、歯を失ったことで硬いものを避けるようになったりといったことから、栄養が不足してしまうことが背景にあるようです。

日本人に不足しがちな栄養素として、カルシウム、鉄、マグネシウム、ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンC、食物繊維などが挙げられます。実はこれ、ほとんどが健康な歯をつくるために必要な栄養素です。

・カルシウム  歯の原料となる。(牛乳、乳製品、大豆、大豆製品、干しひじき、小魚、桜エビなど)

マグネシウム  カルシウムの吸収を助ける。(魚介類、海藻類、納豆、玄米など)

・ビタミンA  歯の表面のエナメル質をつくる。(レバー、卵、うなぎ、チーズ、緑黄色野菜など)

・ビタミンC  歯の象牙質を強くする。(ブロッコリー、ピーマン、苺、じゃがいもなど)

永久歯は、乳歯の下で乳幼児期に少しずつ出来始めます。その為、この時期にカルシウムが不足すると永久歯を弱くする原因となります。肉、魚、乳製品、大豆製品、野菜など、バランスのとれた食生活の中でカルシウムを摂ることがとても大切です。

カルシウムの吸収率は他のミネラルとのバランスが影響します。インスタント食品や加工品など、リンを多く含む食品と同時に摂取するとカルシウムの吸収が阻害されてしまいます。牛乳や乳製品は、カルシウムの吸収率がとても高く、1回の摂取量も多いので効率的でおすすめです。

この他、体内でのカルシウムの吸収率を高めるにはビタミンDが有効です。ビタミンDは腸管内でのカルシウムの吸収を助け、骨の形成や成長を促進させる働きがあります。サンマ、鮭、イワシなどの魚類や、椎茸やキクラゲなどのキノコ類に多く含まれています。

これらの食品は出生から永久歯が生え揃う12〜15歳くらいまででとても大切になるので日々の食事からしっかり摂りましょう。

では、永久歯が生えたら、どのような食事に気をつければ良いのでしょうか。

お口の中では脱灰と再石灰化が繰り返し起こっています。脱灰は酸などにより歯の表面からミネラルが溶け出ることです。再石灰化とは、脱灰により歯から溶け出たミネラルを元に戻す唾液の自然治癒のメカニズムのことです。この再石灰化よって唾液が歯の表面のエナメル質の結晶を新しく形成し、初期虫歯を元の健康な状態に戻してくれます。

歯の再石灰化に必要なミネラルは、リンやカルシウムです。これらは唾液中に含まれて歯の表面に運ばれます。

リンはインスタント食品や加工品、タンパク質の多い食べ物に多く、肉や魚、卵、乳製品などに多く含まれます。普通に生活している状態ではよほど不足しない栄養素です。

カルシウムは、前述したように、牛乳、乳製品に多く、これらは吸収率も高いのでおすすめです。日本人は外国と比べ、食生活においてカルシウムが不足しがちなので、日常生活で積極的に摂るよう心がけましょう。

日本人の1日のカルシウム推奨量は、成人男性で約800〜900mg、成人女性で約600〜700mgです。これを牛乳に換算すると、男性で1日にコップ4杯、女性でコップ3杯分は飲むようにしましょう。(コップ1杯200mlとして)

これらの不足しがちな栄養素を補うには、クリームシチューがおすすめです。牛乳が苦手な子供も比較的食べやすく、定番野菜の人参にはビタミンAが、じゃがいもにはビタミンCが多く含まれます。ここにブロッコリーやきのこ、レンコン、鮭などを加えるとバランスの取れた栄養満点のシチューになるのでおすすめです。

調理の際には、人参はよく洗って皮を剥かずに入れたり、ブロッコリーは茎も皮を剥いて入れるなどすると、栄養を逃さず摂ることができます。

生えたばかりの永久歯はとても弱く、虫歯になりやすいため食事意外のことも注意が必要です。

・だらだら食べをしない
・よく噛んで食べる
・食べた後は歯を磨く

子供の頃から虫歯にならないための習慣を身につけて、健康で強い歯を目指しましょう。

-----------------------------------------------------------------------

dentaltools.jp歯科用マイクロスコープ顕微鏡コントラアングル交換用ヘッドなどを販売している中国一流のオンラインサプライヤーです。お客様に迅速・効率のあるサービスを提供しております。

あらかじめ舌苔を予防する

ドライマウスを予防する

自然な鼻呼吸を習慣化する

口呼吸が癖になっていると、ドライマウスのリスクが増大します。常に口を半開きにしていると、口腔内が乾燥するからです。本来、何事もないときには口を閉じて、鼻で呼吸をするのが正しい姿です。口呼吸が癖になっているなら、閉口テープなどのグッズを使って、自然な鼻呼吸を習慣化しましょう。

噛みごたえのある食べ物をしっかり噛む

唾液の量は、常に一定ではありません。食事中に増加し、何も食べていないときに減少します。さて、唾液の量が増えるトリガーは、「噛むことによる唾液腺への刺激」です。しっかり噛むことで、唾液の増加が促されるのです。やわらかいものばかりではなく、噛みごたえのあるものをしっかり噛むことが、ドライマウス予防につながります。

 

舌の筋力を維持・向上する

健康であれば、過剰な舌苔が付着することはありません。舌が唾液で洗われますし、「硬口蓋との摩擦」で清掃されるからです。硬口蓋というのは、「口の天井」に相当する部位です。本来、何事もないとき、舌は硬口蓋に密着する位置にあります。結果、自動的に「硬口蓋との摩擦による清掃」がおこなわれるのです。

----------------------------------------------------
dentaltools.jp歯科手術用無影灯サンドブラスターなどを販売している中国一流のオンラインサプライヤーです。お客様に迅速・効率のあるサービスを提供しております。

歯が黄色く或いは黒くなる原因

灰色あるいは黄色くなっている(白い線が入っている場合もある)

妊娠中や子供の時に飲んだ薬(テトラサイクリン系抗生物質)の副作用

歯は生えてくるまでに長い時間をかけて作られます。顎の骨の中で骨の基になるものが出来、それに少しずつカルシウム等の無機塩類が沈着して硬くなって歯の形になります。形がほぼ整うと歯ぐきを突き破って口の中に出てくるのです。前歯ではそれに要する期間は、4〜5年です。この間常に同じ状態で歯が形成されるのは不可能です。病気になったり薬を飲んだりすることによって、何らかの障害が現われることもあります。
歯の内部から変色しているので磨いても白くなりません。歯を削ってその部分を人工のもので置き換えて白くきれいにします。
※テトラサイクリン系抗生物質とは
化膿止めの抗生物質。エナメル質・象牙質ができる時期(母体の妊娠中や子供の時)に服用していると、これが組織中に沈着し、歯が黄色になることがあります。変色の程度は個人により異なりますが、褐色・茶色・灰色であったり、白い線になって見えることもあります。多数の歯にわたって現われます。

黒ずんでいる

歯の神経が腐ってしまったり、歯の神経をとった

虫歯が進行し、中心にある神経まで病変に侵されると、神経を取ってしまわなければなりません。死んでしまった歯は、枯木になったのと同じ状態ですから全体の色調が変わってきます。
虫歯だけでなく、打撲等によっても自然に神経が死んでしまうことがあります。痛みはほとんど感じないまま、歯全体の色が透明度を失って変色してきます。神経のない歯にとっては、削って被せるというのが最も一般的な処置法ですが、漂白という方法もあります。

-------------------------------------------------------- 

dentaltools.jp歯科用LED光重合照射器口腔内カメラなどを販売している中国一流のオンラインサプライヤーです。お客様に迅速・効率のあるサービスを提供しております。

歯のアフターケア方法

改善後のケア方法

やはり重要なのは、改善前と同じことをしてしまわないことです。歯医者では、あなたに合った具体的なアフターケアの方法をレクチャーしてくれます。よく聞き、日々の生活に活かしましょう。

 

自分で出来る方法

歯の汚れというのは、日々の簡単な意識によって大幅に抑制出来ます。歯の磨き方、食べるものや飲むものの選択など、少しのことで劇的に改善されることもあるので、ご自分に合った方法でケアされることをおすすめします。

絶対にしてはいけないこと

自分の歯が綺麗になったからといって、そこで完全に安心してしまってはいけません。むしろその状態を保つことが本来の目的なのです。歯の汚れを改善してからがスタートであるということを肝に銘じておきましょう。

------------------------------------------------------
dentaltools.jp歯科矯正用IPRセラミックブラケット(ブレース)などを販売している中国一流のオンラインサプライヤーです。お客様に迅速・効率のあるサービスを提供しております。

 

歯茎の不調について

皆さま歯茎が腫れたことはありますか?
歯茎が腫れるというのは、痛みの他に、咬みあわせる場合に違和感を生じたり、とても辛く、耐え難いものです。
今回は、歯茎が腫れる原因の代表的な3つについてお話したいと思います。

 

1.歯周病
まずとても多い歯茎の病気の代表、歯周病です。 歯茎は引き締まった状態が理想的ですが、歯周病が悪化した場合、歯周ポケットが深くなり、歯茎が腫れた状態になります。

歯茎の腫れにより、歯周ポケット内にプラークが残りやすくなるため、口腔衛生状態が悪化し、歯周病が悪化しやすくなってしまいます。 毎日の歯磨き時にお口の状態を確認する習慣をつけてみてください。 歯と歯の間の歯間乳頭が腫れていることや、歯茎が依然と比べて赤くなっていることなどに、ご自身でも早口気が付きやすくなります。

 

2.根尖性歯周炎
根尖性歯周炎とは、歯の根っこの先に膿が溜まった状態です。原因は、虫歯や歯周病によって起こり、歯の神経は死んでしまいます。根尖性歯周炎になった場合、歯の根っこの先端が位置するあたりが、何となく腫れている、触ると違和感があるといった症状がある場合があります。 その腫れの中には、菌が感染した結果、膿がたまっています。そのため、時間がたつ歯茎に小さなにきびのような穴が開き膿を出します。膿が出ると痛みが和らぎます。

 

3.智歯周囲炎
体調が悪い時や、お仕事が忙しい時や、飲み会で歯磨きを十分に行わずに寝てしまった際などに、一番奥に生えている親知らず(智歯)の周囲が腫れる場合があります。

顎の大きさによって、親知らずが、お口の中でまっすぐに生えることができない事があります。その場合、歯の頭を横にして、前の歯を押すように、半分歯茎の下に隠れた状態で生えていることが多いです。 このような場合、歯茎が被った部分の清掃が難しいため、汚れがたまりやすく、周囲の歯周ポケットが深くなりやすいです。そのため、炎症を起こしやすく、顎の下あたりまで腫れて強い痛みを生じ、お口を開けるのが大変になり食べ物や唾液を飲み込むことが難しくなることがあります。

歯茎のブクブクとした腫れは、とても不快な症状です。
多くは歯周病によるものですが、その他にも原因が潜んでいることがあります。 歯周病対策として定期的にお口のクリーニングを行い、健康なお口の中を保つお手伝いをさせていただければと思います。

-----------------------------------------

dentaltools.jpホワイトニング照射器歯科診療ユニットなどを販売している中国一流のオンラインサプライヤーです。お客様に迅速・効率のあるサービスを提供しております。

根管治療が必要?

 

1.虫歯が進行して痛みが強く出ている時   (根管長測定器

虫歯の進行には5段階(C0~C4)あり、C3やC4の歯の神経まで虫歯が進行してしまったときに痛みが強く出てきます。痛みを取るためには麻酔をして神経を取る(抜髄)処置をする必要があります。虫歯菌などの細菌が侵入し変質してしまった神経を除去して、 神経の通っている穴(歯髄腔)とそれにつながる根の中の管すなわち根管の壁を少し削りながら、 全体をきれいに清掃します。

f:id:xiulase:20201123160936j:plain

2.神経が死んでしまい咬んだときに痛みや違和感がある時

虫歯や外傷など様々な原因より神経が死んでしまった場合、根管の中の死んだ神経が腐ってしまい、その細菌が根の先まで達してしまうと咬んだときに痛みや違和感が出てきます。この場合根管治療を行い痛みを取る必要があります。

3.根の先に膿がたまっている時

神経が死んで細菌に感染したまま時間が経つと根の先に膿がたまっていきます。レントゲンで根の先に黒く像が映って発見されることが多いです。また膿がどんどん出続けていくと、膿の出口として歯茎に白いできもの(サイナストラクト)ができることがあります。疲労などで身体の抵抗力が低下した時にも、細菌の力が体の免疫力に勝り、歯肉が腫れたり痛みが出ることがあります。この場合も根管治療を行い、細菌に感染した根の中を消毒しきれいにする必要があります。

 

---------------------------------------------------

dentaltools.jp歯科用ガッタパーチャカッター紫外線滅菌器などを販売している中国一流のオンラインサプライヤーです。お客様に迅速・効率のあるサービスを提供しております。

自宅でできる顎関節症セルフケア

上下の歯をあたらないようにして口を閉じる

口を閉じているときに上下の歯があたっている人がいます。これは正常な状態ではありません。本来安静にしているときのお口の中は、上下の歯の間に少しすきまが開いています。

口を大きく開けすぎない・硬いものはさける

口を大きく開けると顎関節症の症状が悪化することがあります。あくびや会話の最中もできるだけ口は大きく開けすぎないように意識しましょう。また、するめやタコなどの硬いものを食べるのもよくありません。できるだけやわらかいものを食べるようにしましょう。さらに、食べ物を小さく切って口に運ぶことで口を大きく開ける必要がなくなります。

 

アゴに負担をかける習慣を治す

猫背や足組みなどのクセはアゴだけでなく、姿勢にも悪影響を与えます。これらは自覚なく行っていることが多々ありますので、目につくところにメモなどを貼って意識するようにするのもよいかもしれません。自分だけで治すのが難しそうであれば、整体などでプロの指導を受けるのもよいでしょう。

アゴのマッサージで血行をよくする

アゴ周辺の筋肉のマッサージをすることで血行をよくし、筋肉のこわばりをとることができます。これにより、痛みをやわらげることができます。強すぎる力でおこなうマッサージはかえって顎関節や周辺の筋肉への負担となるので、できるだけやさしい力でおこなうようにしましょう。また、非常に強い痛みを感じている間はマッサージはさけましょう。

--------------------------------------------------------
dentaltools.jp紫外線滅菌器高圧蒸気滅菌器オートクレーブなどを販売している中国一流のオンラインサプライヤーです。お客様に迅速・効率のあるサービスを提供しております。