治療後に歯がしみるとき

1.しみる場所

ほとんどの場合、治療を行った歯がしみます。特に、神経のある歯の治療を行うケースに、しみる場合が多いようです。歯の治療は一時的に大きなダメージを与えるため、神経が回復するまで時間がかかります。回復すれば、自然としみることもなくなるでしょう。(コントラ歯科

2.痛みの具体的な症状

歯の神経に刺激を与えることで起こる症状です。甘いものや冷たいものなどの食べものを口にしたときや歯磨きをするときなど、少しの刺激が痛みを引き起こします。歯の神経が回復すれば症状もやわらぐため、長く傷みが続くわけではありません。

3.しみる以外の症状とは

歯のしみや痛み以外にも、冷たい空気に触れることで痛みが伴います。しみる以外に、治療した部分の歯茎が腫れあがることもあるでしょう。赤く腫れあがった場合は、炎症を抑えるために保冷剤をタオルで包んで患部付近を冷やしてください。腫れが引かない場合は歯医者で診てもらいましょう。

f:id:xiulase:20170609154743j:plain

4.考えられる病気

治療後、歯の神経が過敏になっているため、間違った対処をしてしまえば悪化する可能性があります。歯のすき間から菌が侵入して虫歯・歯周病などの病気にかかる可能性もあるのです。痛みが強すぎる場合は、歯の神経を抜くこともあるため、正しい方法で対処しなければなりません。(ストレートハンドピース

5.主な原因

治療後に歯がしみる原因は、神経が過敏になっていることです。2~3日で痛みやしみが消えるケースが多いため、できるだけ安静にしておきましょう。1週間経過しても症状が治まらない場合は、誤った治療が考えられます。歯医者側の過ちによって、治療にミスがあった可能性も否定できません。

油そば

スープのないラーメンです
とにかく一度この油そばが食べてみたかったんです

f:id:xiulase:20170524153652j:plain

よく噛むと、虫歯になりにくい

f:id:xiulase:20170524152456j:plain

1.唾液の効果

唾液には殺菌力があるため、虫歯予防に最適です。唾液は、虫歯を増やすミュータンス菌やミュータンス菌が作る酸を退治します。また、唾液が多いと口臭予防にも効果的です。よく噛むことで口内環境をしっかり整えることができるでしょう。(オートクレーブ 歯科

2.歯並びの調整にも効果的

よく噛むなら、あごの筋肉が鍛えられます。あごの筋肉や骨がしっかりしていると歯並びがよくなるのです。特に、あごの筋肉の発達は、子供のときに大切でしょう。小さいときに、よく噛む習慣があれば、歯並びもよくなるのです。

3.歯を健康に保とう

歯を健康に保つなら、よく噛む習慣も維持できます。逆に、歯の調子が悪ければ、噛む量も減るでしょう。歯の調子が悪ければ、食欲も減退し、十分な栄養をとれません。歯の健康は体全体の健康に大きな影響があるのです。(口腔内カメラ )

エビのアヒージョ

グツグツとオリーブオイルが煮えたぎってます
バゲットでオリーブオイルも残らずいただきました

f:id:xiulase:20170508124706j:plain

インプラントのトラブルを回避して寿命を延ばす方法

1.インプラントは部品の交換も可能

インプラントは骨の中に埋め込まれている人工歯根(インプラント)、インプラントと被せものを繋ぐ土台(アバットメント)、被せものの3つの構造からできています。この中にはインプラントとアバットメントが繋がっているものや、アバットメントと被せものが一体のものがあります。被せもののセラミックが欠けたり、インプラントとアバットメントのネジが緩んでもインプラントはそのままで上の部分だけをやり直すことができる仕組みになっています。(歯科診療ユニット

f:id:xiulase:20170508124434j:plain

2.前歯の歯茎が下がってしまった

前歯にインプラントを入れて数年たつと歯茎が下がって声が漏れたり、見た目も気になるこんなトラブルが起こることもあります。この場合歯茎を移植して前歯の歯茎に厚みを作ることによって改善することができます。

3.インプラントの周りがよく腫れる

インプラントの周りの骨が歯周病で下がってくると歯茎が腫れたり、膿が出たりすることがあります。この場合、歯茎の中のインプラントの周りの汚れを取り除くことによってインプラントを延命させることができます。

すべてのインプラントの状態にできるわけではありません。担当医とよく相談した上で行ってください。(LED光重合器

生パスタ

カルボナーラ

乾麺のアルデンテのプリッとしたのも良いけど
生パスタのモチッとした食感がまたたまらなく旨い

何か気持ち良いんですよね


ちなみに生春巻や生ハム、生湯葉、生牡蠣も良いなぁ
もちろん生ビールなんてのもありますね~

f:id:xiulase:20170407155831j:plain

唾液の働き


唾液は私たちの歯をむし歯から守ってくれています。
唾液の量が多い人や唾液の質(むし歯から守る力の程度)が良い人はむし歯になりにくいといえます。食事の時にはよく噛んで唾液をなるべくたくさん出すようにしましょう!(歯髄診断器
~ 唾液の歯を守るはたらき ~
 
むし歯菌や食べカスを洗い流すはたらき
むし歯菌が出した酸を中和するはたらき
溶かされた歯を修復するはたらき
プラーク歯垢)の形成を抑えるはたらき

 

■よく噛んで唾液を出しましょう!
よく噛んで食べることで、唾液の分泌量が増えます。
 
シュガーレスガムを噛むのも効果的
ガムを噛むことで唾液の分泌量が多くなります。
キシリトールなどのお口の健康を守る効果のある製品を積極的に使用しましょう。(歯科用口角鈎
■水分補給をしっかりしましょう!
お口の中が乾かないようにお茶や水などの糖分の含まれていない飲み物を飲みましょう!